#sotaronbaBACK NUMBER

NBAはスポーツのジャンルを超えて。
大物達が集まるオールスターの内幕。

posted2017/02/27 11:00

 
NBAはスポーツのジャンルを超えて。大物達が集まるオールスターの内幕。<Number Web> photograph by Jennifer Pottheiser/NBAE via Getty Image

オールスターMVPのアンソニー・デイビス(左)はウェストブルック(右)からMVPを獲るコツを教えてもらったとか。

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph by

Jennifer Pottheiser/NBAE via Getty Image

 ニューオーリンズで開かれたNBAオールスターゲーム。

 本戦2日前の公式会見は、ホテルのバンケットルームで行われた。

 部屋には選手用である12人分の机がある程度距離を保ってセッティングされ、選手はそれぞれのテーブルに座りメディアの質問に答える方式となっていた。

 とりわけ多くのメディアが、2つの離れた机に大挙して群がり、お目当ての選手を待ちわびていた。

 ひとつの机にはケビン・デュラント(KD)、そしてもうひとつの机にはラッセル・ウェストブルックと書かれていた。

 先に出てきたのはKD。

 メディアが一斉に元チームメイト、ウェストブルックとの関係について質問をぶつけた。予想がついていたKDは、冷静に、失言のないよう真摯に答えていた。

 一方のウェストブルックは、未だ登場せず。

 他の選手が各々の机でメディア対応をし始めても、彼の姿は見えなかった。

 会見に来ないのか……と思った頃にようやくウェストブルックが登場。不敵な笑みを浮かべ、質問を受け始めた。

因縁の2人へ殺到するアメリカのメディア。

「KDとの再会についてどう思うか」

「KDは自然体でいると言っていたが、あなたは?」

 米メディアは、KDとウェストブルックの机の間を行ったり来たり。

 今シーズン開幕前、サンダーからライバルチームであるウォリアーズに移籍した元相棒との対立構造を、この祭典の話題の目玉としてメディアは書きたてようとしていた。

 KD同様、質問内容が予想できていたウェストブルックだが、対応はKDと全く違った。

 KDとオールスターゲームでプレイすることについて聞かれると、おもむろに「ファッションウィークを追ってるかい? 今年の新作はすごいよ」と、全く関係のない答えで対抗する大胆な作戦に出た。

 さらに遅れて来たにもかかわらず会見を早々に切り上げて、席を立ってしまった。

 彼らと好対照だったのは、地元「ニューオーリンズ・ペリカンズ」のスター、今回初選出のアンソニー・デイビスだ。

 全てのメディアの対応やファンサービスを最後まで立派に行うだけでなく、混雑する街の中で、他の選手達が快適に過ごせるよう、おすすめのレストランを紹介したりするなど、ホストとしての役割を懸命に務めていた。

【次ページ】 オールスターはNBA界の“サミット”なのだ!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ケビン・デュラント
ラッセル・ウェストブルック
ニューオーリンズ・ペリカンズ
アンソニー・デイビス
カイリー・アービング
デマー・デローザン
レブロン・ジェームズ
ヤニス・アデトクンボ
ジミー・バトラー
ステフィン・カリー
ジェームス・ハーデン
カワイ・レナード
サクラメント・キングス
デマーカス・カズンズ
NBAオールスター

ページトップ