炎の一筆入魂BACK NUMBER

なぜ育成のドミニカンを実戦投入?
カープが視界に捉える連覇とその先。

posted2017/02/25 11:00

 
なぜ育成のドミニカンを実戦投入?カープが視界に捉える連覇とその先。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

練習試合で豪快なホームランを放つアレハンドロ・メヒア。大器としての魅力たっぷり……に見える。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 春季キャンプも最終盤となり、各球団のチームづくりは1段階も2段階も上がった印象がある。これからオープン戦を重ね、開幕へ向けてチームを作り上げていくだろう。

 ところが連覇を狙う広島は、大事な実戦段階に入ろうとしているのに、謎の外国人選手がまだチームに同行している。

 広島ドミニカアカデミー出身の背番号145のサビエル・バティスタと背番号146アレハンドロ・メヒアだ。

 個々の仕上がりのチェックとチームプレーの確認をメインとした宮崎県日南市での1次キャンプから、実戦が続く2次キャンプ地・沖縄へ移動した後の対外試合でも、彼らはスターティングメンバーに名を連ねていた。

 新外国人ラミロ・ペーニャや来日6年目のブラッド・エルドレッドもいるにも関わらずだ。今年は昨年よりも開幕が1週間ほど遅いとはいえ、選手の見極めに時間を要すると、チームづくりは後手に回る。チームづくりの遅れは開幕直後の戦いに大きく影響する。

開幕目前まで選手の見極めに時間をかけると……。

 広島・緒方孝市監督の1年目はそうだったように感じる。

 新人の野間峻祥と鈴木誠也をオープン戦終盤まで競わせたことで、開幕目前になってもシーズンの青写真が見えづらかった。結局、打線固定に時間を要し、シーズン序盤の出遅れが最後まで大きく響いた。

 25年ぶりの優勝を経て迎えた3年目の春。

 あのときと同じことをやっているのでは……と、疑問に感じた。

【次ページ】 今季、広島の外国人枠争いは非常に過酷なはず。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
サビエル・バティスタ
アレハンドロ・メヒア
広島東洋カープ

ページトップ