畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

ラグビーでオールスター戦は不可能?
畠山健介が指摘する長年の課題。

posted2017/02/24 11:00

 
ラグビーでオールスター戦は不可能?畠山健介が指摘する長年の課題。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

接触が続く競技だけに、ラグビーの日程設定は非常に難しい。だが畠山ら選手は何かファンに還元できないかと常日頃から考えている。

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

「The Hurricanes」こと、ハリケーンズ。2シーズン連続でスーパーラグビー・ファイナルに進出し、昨季に初優勝を遂げた。2年目のスーパーラグビーに挑むサンウルブズの開幕戦の対戦相手である。

 ハリケーンズはニュージーランド・ウェリントンをホームとする名門。過去にジョナ・ロムー、クリスチャン・カレン、タナ・ウマガなど数多くのオールブラックスを輩出した。現在はボーデン・バレット、ジュリアン&アーディのサベア兄弟、ダン・コールズ、TJ・ペレナラ、ネヘ・ミルナースカッダーなど、数多くの現役オールブラックスが名を連ね、東芝でプレーしたコーリー・ジェーンも所属している。間違いなく今年も優勝候補だ。

 そんな優勝候補相手に昨年1勝のサンウルブズはどう戦うのか? ホームの秩父宮ラグビー場で、どのような開幕戦になるのか? 新ヘッドコーチのフィロ(・ティアティア)がどういうメンバーを選ぶのか? 楽しみは尽きない。

プレシーズンマッチは有意義な一戦に。

 サンウルブズに所属する選手たちは各々の所属チームのシーズンが終わって、すぐさまスーパーラグビーに向けて準備を始めている。2月上旬には合宿に入り、濃密な時間を過ごしたことだろう。

 開幕1週間前の2月18日には、福岡県北九州市の新フットボールスタジアム「ミクニワールドスタジアム北九州」のこけら落としとして、サンウルブズ対トップリーグオールスターズの一戦が行われた。

 トップリーグオールスターズ側にとっては、サンウルブズの首脳陣の目に留まれば追加招集され、ゆくゆくは日本代表に選出される可能性も見えてくるアピールの場となった。サンウルブズ側としても負けられない。昨季優勝チームとの開幕戦を翌週に控え、自分たちの力を実感したかっただろうし、新メンバー招集となると自分たちを脅かす存在となるからだ。

【次ページ】 開幕前のサンウルブズにとって糧となる試合だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
畠山健介
トップリーグ

ページトップ