JリーグPRESSBACK NUMBER

NumberWeb版2017年J1順位予想!
2強を追う存在、残留争いはどこ?

posted2017/02/24 08:00

 
NumberWeb版2017年J1順位予想!2強を追う存在、残留争いはどこ?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

レオ・シルバら即戦力を加えた鹿島と、中長期的なスパンで長澤らを補強した浦和。2強の充実度は群を抜く。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

いよいよ開幕が近づいてきた2017年のJリーグ。
優勝賞金の増額など大変革がもたらされるシーズンとなります。
積極的な補強に打って出たクラブも多く、展望は難解を極める中で
Numberで筆を振るう3人のJ1順位予想はいかに……?

●佐藤俊:スポーツライター

1位:浦和レッズ
2位:鹿島アントラーズ
3位:ヴィッセル神戸
4位:FC東京
5位:セレッソ大阪
6位:川崎フロンターレ
7位:ガンバ大阪
8位:サンフレッチェ広島
9位:柏レイソル
10位:サガン鳥栖
11位:大宮アルディージャ
12位:横浜F・マリノス
13位:ジュビロ磐田
14位:ベガルタ仙台
15位:ヴァンフォーレ甲府
16位:清水エスパルス
17位:アルビレックス新潟
18位:北海道コンサドーレ札幌

浦和のラファエル・シルバは計算できる外国人FWか。

 優勝の可能性は7位ぐらいまではある。ただ、優勝争いの中心は浦和と鹿島だ。

 浦和は、ラファエル・シルバの加入が非常に大きい。計算できる外国人FWがいた時代、レッズは強かった。2004年第2ステージで優勝した時はエメルソンがいた。リーグ優勝した2006年にはワシントンが得点王になり、ポンテが活躍した。優れた外国人FWが活躍したシーズンは優勝しているのだ。

 つまりラファエル・シルバは、そのキーパーソンになる。彼が得点王を争うレベルの結果を残せば優勝するだろう。懸念は最終ラインの駒不足か。

 鹿島は、ペドロ・ジュニオール、レオ・シルバ、レアンドロ、三竿雄斗、金森健志と超ド級の補強を実現した。チーム内では激しいレギュラー争いが展開され、昨年の経験を生かしてさらに成長するようなチーム作りができている。

 チーム全体の質と完成度はJ1トップだが、懸念はセンターバック。植田直通がシーズン通して安定したプレーができれば、鹿島の「最強時代」がやってくる。

2強に待ったをかけられる存在は神戸とFC東京。

 2強に「待った」をかけるのが神戸とFC東京だ。神戸は派手さはないが昨季の得点王レアンドロが健在で、戦力補強もぬかりがない。3年目でネルシーニョの戦術が浸透し、フィジカルも整った。神戸では異色のタイプである大森晃太郎が活躍し、昨季第2ステージの流れを序盤から維持できれば“万年中位”から脱出し、3位以内あるいはタイトルを掴むことも可能だ。

 FC東京は代表組や各カテゴリー別代表経験者が集い、ミニ日本代表的なチームになった。ただ、いい選手が集まれば強くなるわけではない。勝てなかったのは何かが足りないわけで、それを指摘し、チームの雰囲気を変えられるような誰もが一目置く選手が必要。その役割を大久保嘉人が果たせるかどうか。

 今シーズンのJリーグは上位、中位、下位が例年以上にハッキリと分かれてくる。格差が広がり、よりサバイバルが厳しいシーズンになるだろう。

【次ページ】 大久保、俊輔、柴崎が移籍したクラブの現状は……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
ヴィッセル神戸
FC東京
セレッソ大阪
川崎フロンターレ
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島
柏レイソル
サガン鳥栖
大宮アルディージャ
横浜F・マリノス
ジュビロ磐田
ベガルタ仙台
ヴァンフォーレ甲府
清水エスパルス
アルビレックス新潟
コンサドーレ札幌

ページトップ