福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

俊輔+名波監督で磐田に新しい色を。
2人を知る福西崇史が、語り尽くす。

posted2017/02/24 07:00

 
俊輔+名波監督で磐田に新しい色を。2人を知る福西崇史が、語り尽くす。<Number Web> photograph by Kyodo News

'90年代後半から'00年代前半、Jを代表する司令塔と言えば中村と名波だった。その2人が今、磐田の復権を担おうとしている。

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 この前、名波(浩)さん、シュン(中村俊輔)の2人にインタビューしました。そのスポーツニュースを見られた方も多いかと思いますが、ピッチを離れたところで、じっくりと話し合うのは初めてだったかもしれない。

 特にシュンは、トレーニング中やグラウンド内にいるときにサッカーの話をするタイプ。だからジーコジャパンの代表合宿で全員が招集された時に話し合った記憶はあるんですけど、今回こんな形で話を聞いたのは、新鮮な気分でした。

 マリノスからジュビロに新天地を求めたシュンと、彼をジュビロの監督として迎え入れた名波さん。2人は「レフティーで司令塔」という共通点で語られることが多い。自分は現役時代、ジュビロで名波さん、代表でシュンと一緒にやってきたけど、チームメートとしてプレーすると「2人の感覚って、似ているな」と感じる場面はいっぱいありましたね。

俊輔とは限られた時間のプレーでもすぐ感覚が合った。

 自分の場合、名波さんとはジュビロ時代、毎日のようにコミュニケーションを取っていた。だからこそ何も言わなくてもお互い考えていることが分かるくらいの感覚でしたね。一方でシュンと一緒にプレーするときは、日本代表での限られた時間。それでも実際にトレーニングを初めると、パッと感覚が合うんです。その印象は今でも強く残ってます。

 サッカー観が近い人ほど、実際にプレーした時、すぐにお互いの考えていることが分かる。それぞれの考え方が似ているからこそ、自分がシュンと一緒にやるときも連携しやすかったんだろうな、と今となって思うんですよね。それは2人がジュビロで監督と選手の関係になっても、いい方向に行くんじゃないかなと思っています。

【次ページ】 「磐田では味方を活かして、自分が活きていきたい」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
福西崇史
中村俊輔
名波浩
ジュビロ磐田
上田康太
ムサエフ
川又堅碁
小川航基

ページトップ