野球クロスロードBACK NUMBER

打たれてニヤリと笑う男・武田翔太。
WBCで輝く将棋好きの“逆算力”。

posted2017/02/22 11:30

 
打たれてニヤリと笑う男・武田翔太。WBCで輝く将棋好きの“逆算力”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

これまで、日本代表投手として幾度も招集されている武田。日の丸のユニフォームがこれほど似合う投手もいない。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 結果的に、ソフトバンクの武田翔太が選択した道は正しかった。

 昨年11月、侍ジャパンの強化試合に選ばれ、今年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場も有力視されていた。本来、そんな立場であれば例年より始動を早めるものだ。しかし、武田はそうしなかった。

「最初は『いつもより1カ月早く始めよう』と思っていたんですよ。けど、言うたらですよ、WBCの開催期間っていつもならオープン戦の時期なんですよ。その頃になれば肩はできあがっているんで、別に焦って仕上げなくても。だから僕は、いつも通りシーズンに合わせてやろうと思うんです」

 そうは言っても、シーズンオフはNPBとWBCの公式球を併用しながらトレーニングをするなど、最低限の準備は怠らなかったのも事実だ。

 ペナントレースを戦い抜くための調整とWBCで投げる準備。

 双方のバランス感覚が武田から焦りを消した。

 だからこそ、1月24日に自分がWBC日本代表から漏れても冷静に春季キャンプを迎えることができたし、日本ハムの大谷翔平が怪我で出場を辞退したことで招聘されても、困惑せず現実を受け入れることができたわけだ。

追加招集とは言うが……実績十分の投手である。

 言葉は悪いが、武田は「繰り上げ」で代表に選ばれた投手だ。

 それでも、侍ジャパンとしての実績は豊富である。

 2014年の日米野球で初めて日本代表のユニフォームに袖を通してから、昨年の強化試合まで8試合に登板。20回を投げ、投球回数を上回る22奪三振、防御率1.35と成績は申し分ない。

 一部で「キューバとの開幕戦で先発するのでは?」と報道されているように、武田への期待値は高い。

【次ページ】 注目のカーブは「決め球」ではなく「誘い球」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
武田翔太
福岡ソフトバンクホークス
侍ジャパン
小久保裕紀
大谷翔平

ページトップ