プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

進化続ける女子プロレスラー紫雷イオ。
百キロ超級投げ。UFC戦士狩り。10周年。

posted2017/02/21 11:00

 
体重が倍の選手にジャーマンスープレックスをかけると、こう見える。一目瞭然の「命懸け」の瞬間。

体重が倍の選手にジャーマンスープレックスをかけると、こう見える。一目瞭然の「命懸け」の瞬間。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「私は命を削って、それをこのリングにぶつけてきた。だから、今、輝いているこの瞬間がある」

 スターダムの紫雷イオは、レスラーになって10周年を迎える。

 1月の後楽園ホール大会では100キロを超える巨体を2度もきれいに投げて見せた。最初はジャーマンスープレックスで、2回目は相手の腕をロックして受け身をとれないようにしての変形ジャーマンスープレックス。

 紫雷は156センチ。54キロのウェイトだ。相手だったバイパーは100キロを超えていた。

 バイパーはあの入れ墨獣クラッシャー・バンバン・ビガロのような風船タイプで動けるが、女子で100キロというのは重い。紫雷が本人の2倍以上ある100キロ超級を投げるには大きなリスクが伴う。でも、「投げたい」という自らの意思表示で紫雷は投げて見せた。

「もう、ボロボロですよ。内臓潰れたし、背骨はバキバキだし、でも最後、ジャーマン2連発、もう限界超えたどころの騒ぎじゃないですね。前回投げたときもリミッター外して投げましたけれど、今回そのまま潰れちゃうんじゃないかというリスクを背負いながらの勝負でした。あれが潰されるか、投げるか、ギリギリの戦いで。いまも背中や首がミシミシいっています」

 紫雷の顔は試合が終わっても紅潮したままだった。

カール・ゴッチがアンドレを投げたという伝説。

 かつて、国際プロレス時代に、神様カール・ゴッチがモンスター・ロシモフ(後のアンドレ・ザ・ジャイアント)をジャーマンスープレックスで投げたことは今でも語り草だ。

 54キロが100キロを投げるのは、100キロのレスラーが200キロを投げるのと、同じ負担がある。

 紫雷はタフだった試合を冷静に振り返った。前回バイパーをフォールしたときはムーンサルト。

 でも今回は投げから直接フォールを奪うと宣言していた。

【次ページ】 「今回の試合を通して紫雷イオは一段と強くなった」

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ