フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

平昌五輪会場で行われる四大陸選手権。
課題山積みの大会周辺を現地レポート。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYonhap/AFLO

posted2017/02/17 12:00

平昌五輪会場で行われる四大陸選手権。課題山積みの大会周辺を現地レポート。<Number Web> photograph by Yonhap/AFLO

フィギュアスケート公開練習時の江陵アイスアリーナ。大きく、真新しく、最新設備が整った良いリンクのようである。

新設の江陵アイスアリーナだけは、概ね好評!

 批判ばかり書いてきたが、会場となった江陵アイスアリーナは選手たちには概ね好評である。建設の遅れが懸念されてきたが、12000人収容できる美しいアリーナが無事に完成した。

 2010年のバンクーバー五輪チャンピオンで、平昌で2度目の金メダルを狙うカナダのアイスダンサー、テッサ・バーチューは記者会見で、「氷の状態も理想的で、五輪会場に求めるすべてを兼ね備えた素晴らしい会場」と絶賛。

 競技用の箱が出来上がった今、あと必要なのは人員のトレーニングである。

 韓国は日本や中国と違ってGP大会のホスト国ではないこともあり、国際大会の運営にはそれほど慣れているわけではない。1年後に控えた五輪のために、国際スケート連盟(ISU)が主導権をにぎって、現地スタッフの育成につとめてほしいものだ。

 来季の本番までに、少しでも状況が改善されることを願うばかりである。

関連コラム

<< BACK 2 3 4 NEXT >>
4/4ページ
関連キーワード
羽生結弦

ページトップ