マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

得意の守備も直され、打撃は大改革。
西武・源田壮亮のショート獲り作戦。

posted2017/02/09 08:00

 
得意の守備も直され、打撃は大改革。西武・源田壮亮のショート獲り作戦。<Number Web> photograph by Kyodo News

辻監督に直々の指導を受けながら、自らの武器である守備を磨きなおす源田壮亮。プロ野球界に、ショートのレギュラーの席は12個しかないのだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 春のプロ野球一軍キャンプ。

 選手たちにとっては、それぞれ“生活”を賭けた真剣勝負のサバイバルの場であるのに、戦場であるグラウンドの中には、そこまで重苦しい切迫感がなく、むしろある種の華やいだにぎわいのようなものが感じられるのは、一軍キャンプのメンバーに選ばれたという感覚が、選手たちそれぞれの胸のうちにあるからなのだろうか。

 まず、“一次選考”には残ったぞ…という高揚感が、そのままグラウンドの活気に姿を変えているように見える。

 西武ライオンズの南郷キャンプ(宮崎)では、ショートのポジションをめぐって、若手選手たちが火花を散らしていた。

昨季の西武は、スローイングのミスが目立った。

 昨季の西武は、ディフェンスからの崩壊が後を絶たなかった。とりわけ、捕球してからのスローイングミスが目立ったように思う。

 とんとんと2死をとっておいて、3人目もどん詰まりの内野ゴロに打ち取ったかと思ったその瞬間に、なんでもない打球に見えたゴロをファンブル。同じ失策でも、スリーアウト目の失策は罪が重い。チェンジでダグアウトに帰れると思った瞬間のエラーは、投手の心をボッキリと折る。それが発端となって、2点、3点を失ったことも一度や二度ではなかった。

 確たるレギュラー遊撃手を特定することができず、結局、9年目のベテラン・鬼崎裕司、5年目の中堅・永江恭平、ルーキー・呉念庭(ウー・ネンティン)が出場機会を分け合う中で、今季は社会人ナンバーワンのフィールディング能力を持つ源田壮亮(トヨタ自動車)がドラフト3位でポジション争いに参入してきた。

 この日は鬼崎裕司以外の3人に、3年目の外崎修汰を加えた4人が、同じグループとしてバッティング練習を行った。

【次ページ】 同期といえど、投手と打者は一軍に残るライバル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
呉念庭
源田壮亮
埼玉西武ライオンズ
田村伊知郎

ページトップ