セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

“五つ星の攻撃陣”はCL優勝仕様。
守備の権化・ユーベが選んだ道。

posted2017/02/09 07:00

 
“五つ星の攻撃陣”はCL優勝仕様。守備の権化・ユーベが選んだ道。<Number Web> photograph by Getty Images

5人のスターを並べる超攻撃型布陣に舵を切ったユーベ。デル ピエロ、コンテらを擁した1995-96シーズン以来のビッグイヤーを狙う。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 新戦術は、まさかの超攻撃的布陣だった。

 ユベントスが、昨夏までの豪華補強で揃えた5人の攻撃系プレーヤーを同時起用する挑戦を始めた。

 それぞれ個性の異なるFWイグアインとFWディバラ、FWマンジュキッチのトリオ。ドリブラーのMFクアドラドと司令塔MFピアニッチ。ざっと数えて獲得に200億円以上を費やしたスター選手たち5人がハイプレスを仕掛け、ボールを繋ぎ、ゴールを奪う。

 4-2-3-1の布陣の中で、見た目もスペクタクルな新戦術の呼び名は“チンクエ・ステッレ(五つ星)”だ。初のお披露目となった第21節ラツィオ戦から、チームはカップ戦を含めて4連勝。5日の大一番インテル戦では難敵を相手に1-0で競り勝った。

「今夜の試合はCLの準決勝のようだった」

「今夜の試合は、チャンピオンズリーグのセミファイナルのようだった。CLで上を目指すには、技術的にハイレベルなチャレンジを続けていく必要がある」

 指揮官アッレグリはインテル戦後に開口一番、問われてもいないのにCLへの思いを勢い良く並べた。

 彼の頭にあるのは、カーディフでのCLファイナルだ。

 “守備の国”の王者ユベントスが、攻撃へ重心を置くシステムの採用へ踏み切った意義は大きい。泥臭く戦うことを身上とするユーベに、まさかの超オフェンシブチーム転向を促したのは、先月中旬にフィレンツェで喫したリーグ戦4敗目だった。

【次ページ】 「批判の数でスクデットが決まるなら、優勝も同然」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ユベントス
セリエA
ゴンサロ・イグアイン
ミラレム・ピアニッチ
フアン・クアドラド
マリオ・マンジュキッチ
パウロ・ディバラ
アンドレア・ピルロ
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ