フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

四大陸は平昌五輪テストイベント!
フィギュア日本勢の複数メダル期待。

posted2017/01/31 11:40

 
世界選手権前の大きな国際大会として、また、平昌五輪の本番環境の確認にもつながる今回の四大陸選手権は、羽生にとって非常に重要な大会となる。

世界選手権前の大きな国際大会として、また、平昌五輪の本番環境の確認にもつながる今回の四大陸選手権は、羽生にとって非常に重要な大会となる。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Yohei Osada/AFLO SPORT

 2月15日から韓国の江陵市で、2017年四大陸選手権が開催される。

 毎回、五輪の1シーズン前に必ず本番用の会場を使用してテストイベントが行われるが、今回使われる江陵アイスアリーナも来年2月にいよいよ開催される平昌五輪のフィギュアスケートおよびショートトラックの会場である。

 どの大会がテストイベントになるかはその年によって違い、ソチ五輪前は前々年のGPファイナル、バンクーバー五輪では前年の四大陸選手権、トリノ五輪では前年の欧州選手権がテストイベントだった。

 五輪でメダルを目指す選手にとって、実際の本番会場を体験しておくのは重要なことである。今回は普段にも増して、アジア、北米各国のトップ選手が顔を揃える豪華な試合になる予定だ。

羽生結弦はどこまで演技を完成させてくるか?

 羽生結弦にとって4年ぶり、3度目の四大陸選手権である。2011年と2013年、いずれも銀メダルだった羽生にとって、優勝すれば本大会の初タイトルとなる。

 全日本選手権をインフルエンザで欠場した羽生は、試合に出場するのは12月のGPファイナル以来2カ月ぶりとなる。

 SP、フリーともに4ループを加えてプログラムの難易度を増した今シーズン、初戦のオータム・クラシック以降一試合ごとに着実に完成度を上げていった。

 いよいよシーズン後半に入ったこの大会で、SP、フリーともノーミスの演技を見せてくれるだろうか――。

 もし実現したら、また歴代最高スコアが更新される可能性は大である。

 何よりも重要なのは、来季に向けて五輪会場での良いイメージをしっかり刻みつけてくることだろう。本人の納得のいく演技を見せてくれることを期待したい。

【次ページ】 さらなるレベルアップを目指す宇野昌磨。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ