RALLYスペシャルBACK NUMBER

ベテランの円熟味、ラトバラが2位。
WRC復帰戦で見せたトヨタの底力。

posted2017/01/26 16:00

 
冷静な状況判断と粘り強く堅実な走りで表彰台に立ったラトバラ(右)とコ・ドライバーのアンティラ。

冷静な状況判断と粘り強く堅実な走りで表彰台に立ったラトバラ(右)とコ・ドライバーのアンティラ。

text by

古賀敬介

古賀敬介Keisuke Koga

PROFILE

photograph by

Keisuke Koga

「今回の目標は、2台のマシンを揃って完走させること。それに尽きる」 

 2017年世界ラリー選手権(WRC)開幕戦ラリー・モンテカルロのスタートを前に、TOYOTA GAZOO Racingのチーム代表トミ・マキネンは、控えめな目標を口にした。かつて4度WRC王者となったマキネンは、1999年から4年連続でラリー・モンテカルロで優勝を果たし、「モンテカルロ・マイスター」と呼ばれた男だ。冬季のモナコとフレンチアルプスを中心に開催される、このラリーの難しさと奥深さを誰よりも知っている。

 それだけに、どうしても発言は現実的になるのだろう。ましてや、今年のモンテカルロはトヨタにとって18年ぶりのWRC復帰戦であり、マキネンが新たに作り上げたチームと、ヤリス(日本名ヴィッツ)WRCのデビュー戦でもある。WRCを長年戦ってきた強力なライバルと、初戦から互角に戦えるとは、さすがのマキネンも思っていなかったに違いない。

ゼロに近い状態から短時間でヤリスWRCを開発。

 今季のWRCはレギュレーションが大幅に変更され、トップカテゴリーマシンであるWRカーは、去年までのマシンよりも大幅に性能が向上。シトロエン、ヒュンダイ、Mスポーツ(フォード)の3マニュファクチャラーは、前年までのデータや経験を基に新世代のWRカーを作り上げた。

 対するTOYOTA GAZOO Racingは、ゼロに近い状態から非常に短い時間でヤリスWRCを開発。マキネンの故郷であるフィンランド中南部のプーポラという小さな田舎町で、世界を相手に戦うマシンが設計され、組み上げられた。開発スケジュールがタイトだったこともあり、ヤリスWRCは必ずしも万全とはいえない状態でデビュー戦を迎えることになったが、実戦経験を積み重ねながら改良を続けた。マキネンらチームの主要メンバーはシーズンの中頃に表彰台争いに加わることができれば良いと、どっしり構えて1年を戦う青写真を描いていたのだ。 

【次ページ】 WRC通算16勝を誇るラトバラが見せた驚きの走り。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ