ゴルフPRESSBACK NUMBER

石川遼が4時間アップをする理由。
好スタートの陰に新・肉体調整法。

posted2017/01/24 07:00

 
石川遼が4時間アップをする理由。好スタートの陰に新・肉体調整法。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

年間通じてのラウンドが求められるプロゴルファーだからこそ。石川は自らの肉体と対話してコンディションを整える。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

 腰を痛め、昨年2月から戦線離脱を余儀なくされた石川遼が、2017年の自身の米ツアー初戦をカリフォルニア州のPGAウエストで開催されたキャリアビルダー・チャレンジで迎えた。

 34位で発進した初日。石川は体のケアに関することを、こんなふうに語り始めた。

「スタートの4時間前からホテルでウォーミングアップを始めます」

 4時間も前から? そんな話を石川の口から聞いたのは、彼が米ツアーにスポットで挑み始めた2009年以来、初めてのことで、だからこそ驚かされた。

 驚くと同時に、少々首も傾げた。スタートの4時間も前からウォーミングアップしたら、スタートするころにはすっかり疲れてしまうのではないか。4時間の内訳はどうなっているのか。いろんな疑問が浮かんできたが、石川は、さらに言葉を続けた。

「自分の体を知る。自己治癒力を高める。体温を高く保つためには、どうするべきか。マッサージでほぐすだけでは筋肉は強くならないですから」

トレーナーは「マッサージ、まったく致しません」。

 それは、マッサージでほぐす以外に何か別のことをしているという意味なのだろうか?

 だから4時間も前からウォーミングアップを始めるのだろうか?

 私の頭の中に浮かび上がったさまざまな「?」を、翌日、石川の現トレーナーにそのままぶつけてみた。すると、驚くなかれ、こんな言葉が返ってきた。

「いいえ、マッサージはまったく致しません。コルセットやテーピングもほとんどしない。その場しのぎ的に体に何かを施すということではなく、体の根幹から、根底から、治すんです。強い力は要りません。ゆで卵に傷をつけない程度の力で、軽く手と頭を触るだけで調整できるし、治療もできる。費やす時間は1日せいぜい30分から40分だけです」

 トレーナーから、そう聞かされたときは、失礼ながら、最初は信じられなかった。

【次ページ】 「脳からカラダを治します」を実際に体験してみた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
石川遼

ページトップ