F1ピットストップBACK NUMBER

F1メルセデスの新シートにボッタス。
前王者ロズベルグと同じ道を歩むか。

posted2017/01/22 08:00

 
F1メルセデスの新シートにボッタス。前王者ロズベルグと同じ道を歩むか。<Number Web> photograph by Getty Images

英国ブラックリーのファクトリーで、メルセデス入りを発表したボッタス(右)とチーム代表のウォルフ(左)。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 1月17日。メルセデスAMGが、昨年末ニコ・ロズベルグが引退したことで空席となっていたシートに、フィンランド人のバルテリ・ボッタスを起用すると発表した。この発表を特別な思いで受け止めていた者が、2人いる。

 ひとりはボッタスの起用を決めたメルセデスAMGのチーム代表的な存在であるトト・ウォルフ(エグゼクティブディレクター/ビジネス)だ。なぜなら、ウォルフはボッタスのマネージメントの一員だからである。

ウォルフとボッタスの出会いは2008年だった。

 ウォルフがボッタスに初めて出会ったのは2008年。ドイツ・ニュルブルクリンクで開催されていたフォーミュラ・ルノー2.0のレースだった。

「バルテリはこのレースでポールポジションを獲得しただけでなく、決勝でも後続に30秒近い大差を付けて勝ったんだ」

 ライバルたちのレベルが決して低かったわけではないことは、そのレースに昨年F1ドライバーズ選手権3位のダニエル・リカルドも参加していたことでもわかる。

 若手ドライバー育成のためのマネージメント会社「エイセス」を、フィンランド人の元F1王者であるミカ・ハッキネンとともに経営していたウォルフは、すぐにボッタスと接触した。

 さらに2009年から株式10%を取得して非常勤役員となったウイリアムズF1チームへ、ボッタスの売り込みを開始する。

「彼はいつか必ず大きな花を咲かせる」

【次ページ】 自ら発掘したドライバーをチームに迎え入れる喜び。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
F1
バルテリ・ボッタス
ニコ・ロズベルグ
メルセデスAMG
ミカ・ハッキネン
ケケ・ロズベルグ
キミ・ライコネン

ページトップ