Jをめぐる冒険BACK NUMBER

槙野智章が語る、成長と失意の1年。
CWC、肉体改造、そしてあのPK――。

posted2017/01/20 14:00

 
槙野智章が語る、成長と失意の1年。CWC、肉体改造、そしてあのPK――。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

昨季のベストイレブンで、日本代表に名前を連ねる槙野智章は間違いなくトップクラスのDFだ。昨年はプロ初タイトルを手にし、次の目標を見据えている。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 ルヴァンカップで戴冠し、セカンドステージも制した。年間勝点で1位に立って、年間最少失点の勲章も手に入れた。
 それなのに、最も大事なものは掴めなかった。
 たった1試合の敗戦によって、たった1度のミスによって、最も欲していた年間チャンピオンの称号をゆずることになった。
 確かな成長と大きな挫折を味わった2016シーズンについて、何を思うのか。
 年の瀬も押し迫る都内のフットサルコートで、槙野智章に訊いた。

――オフの間も毎年かなり追い込むそうですが、オフ期間のトレーニングというのは、どんなことを意識しているんですか?

「トレーナーの方が、シーズン中の僕のプレーを映像に収めてくれているんですよ。それを見ながら話し合ったことをトレーニングに落とし込んだり、新シーズンのテーマを定めてそのベースを作ったりするようなトレーニングをするんです。 “こういう動きが足りないから、そこを伸ばしていこう”とか、“この場面の対応が少し悪いから、改善していこう”といった感じで。

 しかも、そのトレーニング自体も録画して、トレーニング後に毎回チェックするというのを繰り返す。シーズン前の自主トレは、かなり細かくやっているほうだと思います。ここ数年、何人か誘いましたけど、続かない選手もいるぐらいです(笑)」

「身体がキツいときほど筋トレをしますね」

――一方、槙野選手はシーズン中も肉体改造に取り組むことでも知られていますが、シーズン中に身体を追い込むのは、珍しいですよね?

「僕の場合は、身体がキツいときほど筋トレをしますね、逆に。身体を休ませたり、楽なほうに行きがちですけど、あえてムチを打ったほうが、身体がキツさを乗り越えるんです。DFは相手FWの動きに対してリアクションすることが多いポジションですけど、シーズン中もトレーニングしたほうが、足の速さやジャンプ力、身体の回転とかが良くなった。なので、自分には合っているのかなと」

【次ページ】 リーグ最少失点と成長を感じた1年ではあった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
槙野智章
浦和レッズ
Jリーグチャンピオンシップ
クラブW杯

ページトップ