イチ流に触れてBACK NUMBER

2017年はマーリンズでチームメイトに。
イチローは田澤純一をどう評価した?

posted2017/01/18 11:30

 
2017年はマーリンズでチームメイトに。イチローは田澤純一をどう評価した?<Number Web> photograph by AP/AFLO

2013年にはワールドシリーズ制覇も果たしている田澤。上原浩治(シカゴ・カブス)と共に、ついにボストンを離れることとなった2017年。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 あと1カ月も経てばメジャーリーグのスプリングトレーニングが始まる。イチローが所属するマーリンズの野手組は2月17日がキャンプインとなるが、バッテリー組は14日からフロリダ州ジュピターで始まる。そこに今季からイチローのチームメイトとして、新たな日本人選手が加わる。

 田澤純一30歳。

 NPBを経験せずに22歳で海を渡った右腕は、2008年オフにボストン・レッドソックスに入団。‘10年にトミー・ジョン手術を受けたものの、メジャー通算7年間で302試合に登板し17勝20敗4セーブ、防御率は3.58。指名打者制を採り、打者有利の狭いフェンウェイパークを本拠地に置きながら質の高い投球を見せてきた。

 その結果、指揮官であったジョン・ファレル監督は彼に頼りすぎた。

 酷使とも言える起用が続き、昨季は疲労から右肩を痛め、登板は53試合に止まった。それでも昨季果たした300試合登板が日本人投手として、長谷川滋利、野茂英雄、斎藤隆、上原浩治に次ぐ5人目の数字であれば、'13年から継続中の4年連続50試合登板は長谷川、岡島秀樹に次ぎ3人目の快挙と言える。

イチロー「(田澤は)とてもいい投手」。

 田澤獲得にあたり交渉に当たったマーリンズのマイケル・ヒル編成本部長はイチローにも意見を求め、メジャー通算3030安打を放つレジェンドはこう語ったと言う。

「とてもいい投手。チームの大きな力になると思います」

 イチロー対田澤の対戦成績は10打数2安打、2三振。打率.200は田澤に優位性がある。

 さて。

 若く才能を持った選手が多いと評価されるマーリンズは、選手の成長次第ではポストシーズンを狙えるチームとここ数年言われ続けている。

 昨季も7月終了時点では57勝48敗と貯金を9つ貯え、ナ・リーグ東地区2位、ワイルドカード争いでは圏内に位置していた。だが、そこから投打に故障者が続出し、最後の2カ月は22勝34敗と大きく負け越し。地区首位のナショナルズとは15.5ゲーム差の3位、ワイルドカード争いでも7.5ゲーム差と置いていかれた。

【次ページ】 絶対的エースを失ったマーリンズは何をしたか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田澤純一
イチロー
ホゼ・フェルナンデス
長谷川滋利
野茂英雄
斎藤隆
上原浩治
岡島秀樹
マイアミ・マーリンズ

ページトップ