セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

カップ戦でも出番無く、笑顔は硬く。
本田圭佑の2017年は始まっていない。

posted2017/01/13 17:20

 
カップ戦でも出番無く、笑顔は硬く。本田圭佑の2017年は始まっていない。<Number Web> photograph by Getty Images

今冬の移籍も噂されていた本田圭佑だが、現実味のある話は聞こえてこない。彼の2017年は果たしてどうなる。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 本田圭佑はハーフタイムに1人、先んじてウォーミングアップを始めた。

 左右の足の間で感触を確かめるように、ボールを転がした。1点ビハインドで迎えた後半、他にアップをするチームメイトはいない。

 ミランの10番はダッシュする両脚に力を込めた。

 新年を迎えた本田の履歴書には、真新しいタイトルが1つ増えている。

 昨年のクリスマス前に、ミランがユベントスを破って、イタリア・スーパー杯を獲得したからだ。

 戦いの舞台となった中東ドーハで出場はならなかったが、ミランの10番は気合いの乗った好ゲームをベンチから支えた。

 砂漠の国での表彰式で、本田が見せた無邪気な笑顔が印象的だった。

コッパで“勝ちにいく”メンバーに本田の名は無し。

 ミランの指揮官モンテッラは、今年の初戦となった8日のセリエA19節カリアリ戦に辛勝すると、中3日で迎えたトリノとのコッパイタリア5回戦でスタメン5人を入れ替えた。先発の機会は、本田にも巡ってくるはずだった。

 ところが、出場停止のFWニアンの代役として3トップの左ウイングに指名されたのは、普段の2列目から引き上げられたMFボナベントゥーラだった。

 セリエA前半戦を終えた現在、来季のEL出場権にあたる5位以上を多くのライバルと争うミランにとって、コッパイタリアの重要度は高くなっている。

 今シーズンの最優先目標であるEL復帰のためには、後半戦の長丁場を戦いながら出場圏内を死守するより、この先最大5試合のコッパで優勝して本大会出場権を手に入れる方がはるかに効率がいい。

 昨年度の大会で決勝戦へ進んだ経験と手応え、そしてスーパー杯獲得で得た自信もある。今のミランにとって、コッパイタリアは“本気で勝ちにいく”大会なのだ。

【次ページ】 トリノに先制点を奪われ、本田のアップに熱が入る。

1 2 3 4 NEXT
本田圭佑
ACミラン
ビンチェンツォ・モンテッラ

ページトップ