ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

米ツアー新年初戦が男女同時開催?
ゴルフ競技人口減に知恵を絞って。

posted2017/01/11 08:00

 
米ツアー新年初戦が男女同時開催?ゴルフ競技人口減に知恵を絞って。<Number Web> photograph by AFLO

2017年初戦から優勝争いを演じた松山。近い将来、女子ゴルファーとともにこの大会に臨む姿が見られるのかもしれない。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 年が変わっても、松山英樹はしっかり強そうである。

 ハワイ・カパルアでのSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ。日米をまたぐ出場試合4連勝は逃したものの、松山は惜敗の2位で終えた。優勝者を終盤に追い詰める、高いレベルの地力を安定的に発揮。1年の滑り出しとしては上々と言えそうだ。

 その2017年の初陣となった4日間大会の期間中、現地から目新しい話題が海を渡ってきた。

 将来、この新年最初の試合が、男女で一緒に開催されるかもしれないという。

 アメリカPGAツアーはことし、1月1日付でトップが代わった。ティム・フィンチェム氏が1994年から20年以上、務めてきたコミッショナーの座から退任し、副コミッショナーだったジェイ・モナハン氏が就任。その新しいリーダーが、米ゴルフ専門チャンネルのインタビューに「今後はここで、男子と女子選手を見られるようになるかもしれない」と答えたもので、米メディアの関心を集めている。

現段階では、あくまで“可能性”ではあるが……。

 この試合は前年の米ツアー優勝者のみが出場権を持つエリート大会。松山は2016年に2勝してエントリーした。いまのところ、同じ週に米女子ツアーは開催されておらず、女子選手は1月末のシーズン開幕を待っている状態だ。

 現段階では、あくまで“可能性”の話。先のオリンピックのように同じコースで開催時期をずらして行うのか、同時期に近隣の2会場で実施するのか、はたまた男女同じ組でプレーさせるのか……といった、具体的な開催方法などは不明だ。

 とはいえ、同氏は既に女子プロ協会(LPGA)のコミッショナー、マイク・ワン氏と話を進めており、関心を持っているスポンサーがあることも明かした。

【次ページ】 米国男女ツアーは「戦略的提携協定」を結んだ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹
石川遼
ジャスティン・ローズ
ヘンリック・ステンソン
青木功

ページトップ