セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

酉年に飛翔する“イタリアの雄鶏”。
国民的支持を受けるFWベロッティ。

posted2017/01/11 11:00

 
酉年に飛翔する“イタリアの雄鶏”。国民的支持を受けるFWベロッティ。<Number Web> photograph by AFLO

セリエAを騒然とさせているベロッティのとさかポーズ。空席だった“アズーリの本格派ストライカー”の座もほぼ手中に収めた。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 雄鶏の鶏冠(とさか)ポーズが、ゴールの証だ。

 イタリアに十二支の縁起を担ぐ習慣はないが、酉年にあたる2017年に注目すべき選手といえば、“ガッロ(雄鶏)”の異名を持つトリノのFWベロッティを推さないわけにはいかない。

 セリエAでもイタリア代表でも、右手を額に掲げる彼の風変わりなパフォーマンスは、相手ゴールを攻め落としたことを意味する。

 ゴールへ向かうステップ毎に、足元の芝を根こそぎ抉り取っていくような力強い突破力。

 ピンポイントのクロスへ正確に合わせるテクニック。

 今年24歳になる年男FWベロッティこそ、伝統国イタリアが待ち望んでいた正統派ストライカーなのだ。

辛口の監督が「あいつは一人で何役やるんだ?」。

 昨年12月、イタリアでは改憲を争点とした「YES/NO」形式の国民投票が行われ、現地スポーツ紙上でもこれに乗じた投票企画が流行した。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が“現在のイタリア人最強FWはベロッティ?”と提起したところ、「YES」の回答率は83%にも上った。

 うるさ型の多いカルチョの国で、国民的な支持を得るのにはもちろん理由がある。

 昨季後半戦だけで11得点とブレイクの兆しを見せていたFWベロッティは、トリノ入団2シーズン目の今季開幕から好調を維持。2節目のボローニャ戦でハットトリックを達成すると、その後もコンスタントに得点を量産している。

 3-1で完勝した6節ローマ戦は、まさにベロッティの一人舞台だった。

 先制弾にPK獲得、アシストまで決め、強豪ローマを完全粉砕。身内にも辛口で知られる猛将ミハイロビッチですら「あいつは一人で何役やるんだ? イタリア最高のFWになる日も近いぞ」と手放しの称賛ぶりだった。

【次ページ】 セリエ得点王を争い、代表FWにも定着。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
アンドレア・ベロッティ
トリノ

ページトップ