ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

新年は彼らの言葉もひと味違う。
香川、武藤、長谷部が空港で……。

posted2017/01/07 11:00

 
新年は彼らの言葉もひと味違う。香川、武藤、長谷部が空港で……。<Number Web> photograph by AFLO

今季開幕戦の試合後、笑顔を見せ合った香川と武藤。日本でのリフレッシュを経て、再びドイツでの研鑚に励む。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 空港にはいつだって、希望があふれている。新たな旅立ちに胸を躍らせる人が集まるからだ。海外で活躍するアスリートにとっても変わりはない。

 1月2日、つかの間のウインターブレイクを終えてドイツへと向かう選手たちが次々とやってきた。彼らの気分を高揚させるもう1つの要因は、もちろん、新たな年を迎えたからだ。希望しかない1日は、こうして始まった。

 香川真司は向けられたカメラと、集まってきた記者を前にジョークを飛ばす。

「カメラ、少ないなー。気楽でえぇわぁ」

 今年の年明けは実家のある神戸で迎えた。ずいぶんと久しぶりのことだ。関西弁が思わず出るのは、家族とゆっくりと話をして過ごしたからだ。アドレナリンを湧きあがらせながら戦うサッカー選手にとって、心を落ち着ける時間を設けることは大切な作業である。

「2016年はやっぱり『悔しい1年』だった」(香川)

 昨年末にドイツから戻ってきた内田篤人が、香川のアモーレを探したいと話していたことを告げられると、香川は冗談交じりにこう答える。

「“ウチダ”のほうから連絡もないですし、話題作りでやるだけなら……そういうのはやめて欲しいなと。本当にそういう気持ちがあるのなら、店の予約から、セキュリティからしっかりと準備をして、オーガナイズして欲しかったですけど、全くなかったですね(笑)」

 と、プライベートを犠牲にしたリップサービスもここまで。そこからは香川はもう1つの顔を見せた。アスリートの顔である。

「年末を実家で過ごしたりしながら考えていたんですけど、2016年はやっぱり『悔しい1年』だったな、と。その経験、悔しさを踏まえ、2017年にチャレンジしていければいい。この悔しさを力に変えて、良いスタートを切りたいと思っているので」

「ただ……」と香川は付け加えた。

【次ページ】 「そんな簡単に結果が出るほど甘い世界ではない」

1 2 3 4 5 6 NEXT
1/6ページ
関連キーワード
香川真司
武藤嘉紀
マインツ
長谷部誠
ボルシア・ドルトムント
アイントラハト・フランクフルト

ページトップ