#sotaronbaBACK NUMBER

セルティックスの“新”アイザイア!?
身長175cmで打ち立てた驚異の記録。

posted2017/01/06 11:30

 
2016年12月30日、マイアミ戦で52得点を挙げ、観衆を沸かすアイザイア・トーマス。

2016年12月30日、マイアミ戦で52得点を挙げ、観衆を沸かすアイザイア・トーマス。

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph by

Steve Babineau/NBAE via Getty Images

 2016年も終わりが近づいた12月30日。ボストンのTDガーデンは地元ファンによる熱狂的な「MVP!」コールに包まれた。

 1980年代には、ラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュの初代Big3、2000年代には、ケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレンのBig3と長きにわたりスターを輩出してきたボストン・セルティックス。労働者階級の熱狂的なファンを持ち、リーグ優勝最多の17回を誇る超名門球団である。

 そのコアなボストンファンが送ったMVPコールは、公称わずか5フィート9インチ(約175cm)の小さな選手に向けられていた。

 その男の名前はアイザイア・トーマス。

 NBAに馴染みがある方ならば、聞き覚えがある名前だろう。1980年代中頃から1990年代初頭にデトロイトの“バッドボーイズ”ピストンズで活躍し、2度の王者に輝いたアイザイア・トーマス。

 彼と同姓同名なのである。

レイカーズファンの父が付けた名前が「アイザイア」?

 殿堂入りしている元ピストンズのレジェンドと親戚関係にはない。

 命名した父親が熱狂的なピストンズファンだった訳でもない。

 西海岸出身の父は逆にレイカーズの大ファンで、'88年にマジック・ジョンソン率いるレイカーズの優勝後、友人と翌年のレイカーズ優勝を賭け、負けたら生まれてくる子供に天敵のスター選手である「アイザイア」の名を付ける約束をしてしまったのだ。

 そして、'89年はピストンズが優勝し、約束通りアイザイアと名付けられた(綴りは変更)子が、今コートに立っている27歳の彼だ。

【次ページ】 1試合で52得点。しかも3Pシュートを9本決めた!

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ