“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

前回の高校選手権のヒーローは今?
神谷優太、小川航基の2016年シーズン。

posted2017/01/02 07:00

 
前回の高校選手権のヒーローは今?神谷優太、小川航基の2016年シーズン。<Number Web> photograph by Takahito Ando

神谷(左)も小川も5月のFIFA U-20W杯で活躍し、世界への飛躍を目論む。世界基準の選手になれるかなれないか……大きな岐路に立つ。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 熱戦の火蓋が切って落とされている第95回全国高校サッカー選手権大会。

 全国から集結した高校生達が、熱き戦いを繰り広げ、新たなヒーローが現れようとしている。

 1年前の前回大会。東福岡が決勝戦で國學院久我山を5-0で一蹴し、インターハイに次ぐ、夏冬連覇を成し遂げた。

 この大会で輝いた選手も入れば、光を放てなかった選手もいる。悲喜こもごものドラマが生まれた中、“高校選手権の顔”となった選手は、新たなステージで過ごしたこの1年間をどう過ごしてきたのだろうか――。

 “1年前のヒーローたち”の中から、プロに進んだ2人のヒーローに光を当ててみた。

選手権は特別。多くの人達から支えられプレーしてきた。

 1人目は、準決勝で國學院久我山に敗れ、ベスト4に終わった青森山田のMF神谷優太だ。

 この大会は、高3の時に東京ヴェルディユースから青森山田に転入した神谷にとって「最初で最後の高校選手権」だった。

「選手権はやっぱり特別だった。本当に周りの人たちに支えられてサッカーが出来ることを実感出来る大会だったし、本当に青森に来て良かったと心から思った。慣れない環境に来てからの1年間は本当にいろんな想いがあったし、最高の仲間、最高のスタッフに出会えたので。僕にとって、とてつもなく重要な1年だった。この選択は本当に間違っていなかった」

 高3の“新入り選手”だった彼を、青森山田の選手達はしっかりと受け入れていた。黒田剛監督も迷わず、かつて柴崎岳が背負った10番を託した。最初で最後の選手権では2ゴールを挙げ、ベスト4まで青森山田を牽引したが、國學院久我山に後半アディショナルタイムに決勝弾を浴び、1-2で敗退した。

【次ページ】 「青森での1年間があったからこそ……」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
神谷優太
小川航基
青森山田高校
桐光学園高校
ジュビロ磐田
湘南ベルマーレ
チョウ・キジェ

ページトップ