プロ野球PRESSBACK NUMBER

混乱を極めた2016年の中日――。
大野雄大の魂の言葉は天に届くか?

posted2017/01/02 11:30

 
混乱を極めた2016年の中日――。大野雄大の魂の言葉は天に届くか?<Number Web> photograph by Kyodo News

本拠地最終戦後のセレモニーで、ファンにあいさつする中日・大野雄大。誠意ある彼の言葉は、ファンの鬱憤を束の間晴らすこととなった。

text by

伊藤哲也

伊藤哲也Tetsuya Ito

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 球団創設80周年という節目に最下位の屈辱。それを象徴するような負の出来事は、7月23日、ナゴヤドームでのヤクルト戦で起きた。

 夏場から打撃が下降線となった主砲のビシエドが好機にブレーキ。1-3で敗れ、本拠地がファンのため息で充満することとなった。その試合終了後だった。

 一塁側ダッグアウト上の観客席にいたファンから、ビシエドに対して辛辣なヤジが飛んだ。

 この行為に対して、今季から主将に指名された平田良介が即座に反応。ベンチ前まで出てフェンス越しに、ヤジを飛ばした観客と丁々発止の怒鳴り合いが勃発した。

 まさに、一触即発の事態。周囲は騒然となり、表面的には騒ぎが終息しても、後味の悪さが残った。

 運が悪いことは重なる。

 普段はナゴヤドームにめったに足を運ばない白井文吾オーナーが、この日に限ってスポンサー関係者と試合を観戦していた。球団トップは、その約2週間後の8月9日、低迷の責任を取らせる形で谷繁元信監督の途中休養を発表した。

不可解な電撃人事で、チームもファンもバラバラに。

「ファンの不満の声が大きくなっていた」

 白井オーナーは、谷繁監督休養の理由をこう説明したが、不可解なこともあった。

 谷繁監督の休養と同時に、佐伯貴弘守備コーチも休養。佐伯コーチはさい配面で指揮官のサインの伝達係ではあったが、低迷の原因でもある打撃、投手部門の主要ポストではない。

 佐々木球団社長は「一心同体だから」と話したが、トカゲの尻尾切りの印象は拭えなかった。

 谷繁監督と佐伯コーチは同学年で横浜(DeNA)時代からの気心が知れた間柄。谷繁監督とすれば、盟友を道連れにしてしまった心中は察するに余りある。

 そんな不可解な電撃人事に対し、ファンの風当たりも強かった。

【次ページ】 「来年も応援よろしくとは、軽々しく言えません」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
落合博満
大島洋平
平田良介
大野雄大
谷繁元信
中日ドラゴンズ
高橋周平
福田永将
堂上直倫
京田陽太
杉山翔大
木下拓哉
ダヤン・ビシエド

ページトップ