JリーグPRESSBACK NUMBER

FC東京、何も得られなかった1年間。
森重が語った「選手だけでなく……」。

posted2016/12/29 08:00

 
FC東京、何も得られなかった1年間。森重が語った「選手だけでなく……」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

森重真人自身は今年もベストイレブンに選ばれ、日本代表スタメンにも定着している。しかし、彼がFC東京の現状に満足しているはずがない。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 2016年2月9日、ACLプレーオフ・チョンブリ(タイ)戦。今季のFC東京は、Jクラブの中で真っ先に公式戦開幕を迎えたクラブだった。そして、先日クリスマスイブに行われた天皇杯準々決勝・川崎F戦。当然、2017年元日の決勝戦まで戦うつもりだったが、この一戦が長いシーズンの最終戦となってしまった。

 リーグ、ACL、ルヴァンカップを逃し、最後に残された天皇杯タイトルを奪うこともできなかった。今季、スローガンとして掲げた“頂戦”。その実現は果たされなかった。

 試合後、神妙な表情を浮かべながら日本代表DF森重真人が語った。

「最後も悔しい思いになってしまった。この1年、悔しい思いしかしてこなかった。もっと試合の局面で、サイドだったらサイドで、負けたくないという思いをみんな持って取り組まないといけない。一人ひとりの意識によるところが大きい」

川崎に見せ付けられた精神力の差。

 FC東京は川崎Fに、試合内容で圧倒された。相手の風間八宏監督が5シーズン目を迎える長期体制であるとか、中村憲剛や大久保嘉人といった技巧派が揃っているとか、そんなわかりやすい安直な理由だけではない。

 一人ひとりのプレーの正確性、強度、集中力といった、あらゆる要素でFC東京は劣っていた。終了間際に平山相太が一矢報いる追撃弾を決めたが、川崎Fにつけられた2点のリードをひっくり返せるほど、タフな集団ではなかった。

「実際にプレーをしていても、差を感じてしまった。もっと悔しい思いを持ってやらないと。『あいつらは上手いから』と思っているだけでは、いつまで経ってもその相手より上には行けない。もっともっと、負けることを嫌がらないと」

 主将の森重が自戒を込めながら痛感したこと。それはある意味、技術や戦術面以上に根が深い部分でもあった。勝ち癖のない、FC東京。同じくリーグタイトルを獲得したことのない川崎Fに敗れ去ったことで、勝利への執着心が足りないことをあらためて露呈してしまった。

【次ページ】 史上最高順位を記録した監督と、契約を更新せず。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
城福浩
森重真人
FC東京
篠田善之

ページトップ