“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

青森山田が、ユース年代の日本一に!
高校サッカー部がJユースに勝った背景。

posted2016/12/20 17:00

 
青森山田が、ユース年代の日本一に!高校サッカー部がJユースに勝った背景。<Number Web> photograph by Jiro Natsume

レアル・マドリーとの一戦で世界中で注目された柴崎岳の母校でもある青森山田。チャンピオンシップ制覇の次は、2冠となる高校選手権制覇に臨む。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Jiro Natsume

 真のユース年代日本一決定戦――。

 高体連に所属する高校サッカーと、日本クラブユース連盟に所属する街クラブとJクラブユースが勢揃いし、この世代の真の日本一を目指して競い合うのが「高円宮杯U-18サッカーリーグ・チャンピオンシップ」である。

 夏のインターハイ、冬の高校選手権は高体連主催の大会で、クラブチームは参加出来ない。夏の日本クラブユース選手権、秋のJユースカップはそれぞれ日本クラブユース連盟、Jリーグ主催であり、高体連チームは参加出来ない。

 この年代で高体連とクラブユースの垣根を取っ払った唯一の公式戦が、全国各地で開催される都道府県リーグとその上位リーグとなるプリンスリーグ、そして最高位のリーグとなる(東西2つの)プレミアリーグなのである。そして、トップリーグたる東西プレミアリーグの両王者が激突するこのチャンピオンシップこそが、真のユース年代のナンバーワンを決める試合となるのだ。

ユース年代の頂点を競った青森山田と広島ユース。

 今年のチャンピオンシップは、3年ぶり2度目の「高校サッカー部/高体連」vs.「Jリーグクラブユース/ユース連盟」の戦いとなった。

 U-19日本代表GK廣末陸(FC東京入団内定)を軸にした粘り強い守備と、相手の隙を見逃さない攻撃で着実に勝ち点を積み重ね、イースト王者に輝いた青森山田高校サッカー部。

 沢田謙太郎監督が就任し、メキメキと力強さを増してきていたサンフレッチェ広島ユース。

 共に最後まで走り切る力、球際の強さ、そしてメンタルの強さを誇る。持ち味を出し合った頂上決戦に相応しい一戦は、延長戦へ0-0でもつれ込み、PK戦の末に青森山田が栄冠に輝くこととなった。

 高体連チームとして、2013年の優勝チーム・流通経済大学付属柏高校に続く2校目のチャンピオンシップ覇者となった青森山田。

 実は、2011年のプレミアリーグ創設時から在籍する「オリジナル20」のチームでもある。

【次ページ】 高校のサッカー部が、なぜJユースに勝てるのか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
青森山田高校
サンフレッチェ広島
廣末陸
沢田謙太郎
流通経済大学付属柏高校
黒田剛
神谷優太
常田克明
小山内慎一郎
橋本恭輔
三国スティビアエブス
小山新
鳴海彰人
高橋壱晟
郷家友太
住永翔
高円宮杯U-18サッカーリーグ

ページトップ