欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ジダンから鹿島への決定的な注文。
「夢と希望を持ち、プレーし続けて」

posted2016/12/20 11:20

 
ジダンから鹿島への決定的な注文。「夢と希望を持ち、プレーし続けて」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

レアル・マドリーと鹿島アントラーズに大きな力の差があったこと、CWC決勝が接戦だったこと。そのどちらも真実である。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「正直、前半は(レアル・マドリーが)あまり本気を出していなかったように感じていました。でも(柴崎)岳の2点目が決まって、向こうのキックオフになったとき、(レアルの選手たちの)目つきがガラっと変わった。出たな、と思いました」

 クラブワールドカップ決勝でマドリーに惜敗した後、鹿島の昌子源はそう振り返った。

 序盤にカリム・ベンゼマの先制点で優位に立った欧州王者は、その後はペースを緩めていたように見えたが、実際にピッチに立つ選手たちもそう感じていたようだ。

 しかし前半44分に、土居聖真のクロスをエリア内で受けた柴崎がワントラップから左足のボレーを決めたとき、スタジアムの大画面にはジネディーヌ・ジダン監督とクリスティアーノ・ロナウドの顔のアップが映し出された。怒りにも似た表情。これで本気のレアルが観られるかもしれない。観戦していた人の多くがそう思ったことだろう。そして後半7分に、それは確信に変わる。

レアルは誰一人、負けると思っていなかった。

 セルヒオ・ラモスの不用意な中央へのクリアを拾った柴崎が、密集をかいくぐって左足のミドルを決める。Jリーグの年間順位で首位に15ポイント差をつけられて3位でフィニッシュしたチームが、今季のリーガで無敗の首位をひた走る欧州随一の名門クラブを逆転したのだ。

 レアルは当然、負けるわけにはいかないし、誰一人として敗北など考えていない。そのためにはアクセルを踏み込まなければならない。白い巨人がいよいよ本気になった瞬間だった。

 そこからパスのスピードとテンポが上がり、白いシャツが試合を完全に支配し始める。ビハインドに立たされた8分後には、右サイドからワンツーでエリア内に侵入したルーカス・バスケスが山本脩斗に倒されてPKを獲得。キッカーのロナウドが強烈なシュートをゴールの左に突き刺して、スコアは2-2の振り出しとなった。

【次ページ】 最後は地力の差を見せ付けられる形だった。

1 2 3 NEXT
柴崎岳
昌子源
鹿島アントラーズ
レアル・マドリー
ジネディーヌ・ジダン

ページトップ