Number ExBACK NUMBER

武豊がオススメする騎手、
戸崎圭太が語る「本当に強い馬」。

posted2016/12/19 17:00

 
武豊がオススメする騎手、戸崎圭太が語る「本当に強い馬」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

今季は、1日6勝の記録も達成しており、勝率・複勝率も高い……3年連続リーディングにも挑む戸崎。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 今年9月、Number913号のインタビューで、武豊さんにお願いしてみた。

――武さんは、許されるときは馬券も買われるそうですが、読者に買い方を指南していただけませんか?

 JRA所属馬通算4000勝の大記録を打ち立てた大騎手は、さらりと答えた。

「『戸崎でいいんじゃないですか』、と書いておいてください(笑)」

 あの武豊が、認める男。戸崎圭太とは、いったいどんな騎手なのか。

 36歳。

 公営出身ながら、すでにJRA通算640勝以上を挙げ、JRA移籍2年目の'14年、続く'15年にはJRA賞最多勝利騎手に。今年も176もの勝利を積み上げ、リーディング2位。1位のクリストフ・ルメールとは、わずか1勝差である(12月16日時点)。

 それほどの騎手だから、きっと勝気で自信に満ち溢れた人だと想像していた。ところが、Number917・918号「夢の有馬記念」特集で、'14年のジェンティルドンナについて語る戸崎さんは、とても謙虚な人だった。

勝っても敗けても、謙虚さはそのままに……。

「僕の成績が上にいるのも、やっぱり馬が走ってこそだと思うんです。そして馬が走るってことは、そういう馬を集めてくれる人がいたり、そういう馬を育ててくれる人がいるからこそ。レースに勝ったからといって、『僕がやってやった』とは思わないですよ。

 '14年に初めて有馬記念を勝ったことで、少なからず自信はつきました。でも、そこでまた新たな課題が生まれますし、日が経てば、まだまだ未熟だなって感じるんです」

 勝っても勝っても謙虚さは失わない。

 特に「僕とは雲泥の差がある」と明かしたのが、凱旋門賞を2度制したことのあるライアン・ムーアだった。

【次ページ】 ムーアのレースは「なるべくしてなった」という感じ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
武豊
戸崎圭太
ライアン・ムーア
ジェンティルドンナ
有馬記念

ページトップ