ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

原口元気は空回りせず、熱く闘う。
「ゾーン」をつかみつつある充実。

posted2016/12/18 11:00

 
原口元気は空回りせず、熱く闘う。「ゾーン」をつかみつつある充実。<Number Web> photograph by AFLO

屈強なマーカーに挟み込まれても、臆せずに最善のプレーを。原口は精神面の重要性を胸に、自らの価値をさらに高めようとしている。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 原口元気のストイックな姿勢は変わらなかった。それでも、彼はガムシャラなようで、冷静でもあった。

 12月11日、リーグのなかで唯一、ホームゲームで全勝していたヘルタがホームでブレーメンに不覚をとった翌日のこと。今シーズンのリーグ戦で初めて出番がなかった原口の姿が、ヘルタの練習場にあった。

 練習開始からおよそ1時間半が経ち、チームに課せられていたすべてのメニューが終わった。ほとんどの選手がクラブハウスへ戻るのをしり目に、原口はコーチをともなって、グラウンドの奥のスペースへと向かった。

5kgの重りを巻きつけて30m全力疾走。それを5往復。

 5kgの重りを腰にまきつけ、30mほどの距離を全速力で走り抜ける。それを5往復、繰り返した。

「試合と同じ負荷はかけられないけど、どうしても、それと似たような負荷をかけたくて。明日が休みなのでね。今日はトレーニングをしっかりとやって、明日はリカバリーをしよう、というイメージだったから」

 原口は、練習が始まる前から、腰にまきつける重りを用意して欲しいとコーチに伝えていた。それでも、ガムシャラに身体を追い込んでいるわけでもなく、試合に出られなかった怒りをぶつけるわけでもない。チームで行なった練習の2対2のメニューが想像していたよりもハードなものだったので、重りをつけての走り込みの量を少しだけ減らして微調整した。

 大事なのは、試合に出たときにかかるのと同じような負荷をかけ、身体を一定程度疲労させつつも、それを回復させていく作業を続けること。試合に出られない日が来たとしても、一連の流れを変えるわけにはいかない。

 すべてのメニューを終えたあと、原口は現状について口を開いた。

【次ページ】 「一番大きいのはメンタル面の疲れかな、と」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
原口元気
ヘルタ・ベルリン
マイケル・ジョーダン
岡田武史

ページトップ