セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

「ユベントスの倒し方はわかった」
鉄壁の守備陣についに衰えが……。

posted2016/12/14 11:00

 
「ユベントスの倒し方はわかった」鉄壁の守備陣についに衰えが……。<Number Web> photograph by AFLO

(左から)ボヌッチ、キエッリーニ、バルザーリはユベントスと代表を支える不動のDFトリオ。この鉄壁の「BBC」にヒビが入り始めた。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

「クリスマス前のこの時期にこれ以上は何も望めんよ」

 ユベントスの指揮官アッレグリが自画自賛するのも無理はない。

 何しろ彼らは16節を終えたセリエAで堂々の首位を堅持し、CLでもグループリーグ1位突破を決めたばかりだ。

 しかし、今季のユーベの戦いぶりをつぶさに観察すれば、綻びの萌芽をあちこちに見出すことができる。今はまだ微細でも、鉄壁のユーベを崩落させかねない最初のヒビはすでに刻まれているのだ。

 先月末、ユベントスがジェノバでの14節で喫した黒星は、カンピオナートに大きな衝撃を与えた。

 ただの1敗ではない。

 補強に1億ユーロをつぎ込めるミランやインテルではなく、あくまで地方クラブに過ぎないジェノアに終始圧倒された1-3の大惨敗だった。

ジェノア戦大敗はCLの余波が原因か。

 5連覇チームの選手たちはデュエルでことごとく競り負け、21歳の相手FWシメオネから立て続けにゴールを割られた上にオウンゴールまで献上。前半だけで喫した3失点は11年ぶりという失態だった。

 敗因はCLのツケに他ならない。

 ユベントスは、直前のCL5節でセビージャ相手にアウェーで劇的な勝利を上げたばかりで、“気が抜けて”いた。

 4節でインテルに逆転負けを喫したときもCL開幕戦でやはりセビージャ相手に引き分けた直後の週末だった。

 難ゲームとなったCL3節のリヨン遠征を制したのはよかったが、4日後のセリエA9節では若手揃いのミランから0-1で仕留められている。いずれの敗戦でも、ユーベの選手たちの頭の中にはCLのアンセムが奏でられたままだったにちがいない。

【次ページ】 ユベントス自慢の守備陣が次々離脱し……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マッシミリアーノ・アッレグリ
ユベントス
ジャンルイジ・ブッフォン
ジョルジョ・キエッリーニ
ダニエウ・アウベス
レオナルド・ボヌッチ
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ