イチ流に触れてBACK NUMBER

「試合に出ないのは本当に疲れる」
来季も4番手のイチロー、本音は。

posted2016/12/13 11:00

 
「試合に出ないのは本当に疲れる」来季も4番手のイチロー、本音は。<Number Web> photograph by Getty Images

2015年は打率.229と低迷したが、2016年は打率.291と一気に向上したイチロー。契約更改では、再来年のオプションの話まで出たとも言われている。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 メジャー関係者が一堂に会し、日本球界からも複数の関係者が集まるウインターミーティングは、今年もメリーランド州ナショナルハーバーで12月5日から8日にかけて行われた。

 開催を前に日本ハムが、大谷翔平の2018年度シーズン以降のポスティング・システムでのメジャー移籍を容認したこともあり、この冬の市場動向とは関係ない立場でありながら、大谷がメジャー関係者の話題を独占していた。

 中でも来春のWBCで米国の指揮を執るジム・リーランド監督が「米国にもうひとりのベーブ・ルースが生まれるかもしれない」と、二刀流への高い期待を示せば、ヤンキースを4度の世界一に導き、今回は米国チームの編成を任されているジョー・トーリGMは「日米どちらでプレーしようと健康を維持してほしい。彼は誰もが見たいと思うエキサイティングな選手だ」と目を輝かせた。

 メジャーの監督として合わせて通算4095勝を挙げた名将コンビが送った歓迎の意は、あらためてメジャーリーグが大谷移籍を熱望している証でもあった。

幻と消えた、イチロー&上原の日本人40代コンビ。

 ミーティング中、レッドソックスからフリーエージェントとなった上原浩治について、イチローが在籍するマーリンズのドン・マッティングリー監督が、獲得を熱望する投手のひとりとしてその名を挙げた。「好きなタイプの選手」と語り、その高い制球力と奪三振能力を褒め称えた。

 最終的にはシカゴ・カブスとの契約合意が発表され、マイアミのメディアは「マーリンズのもたもたした交渉が敗因」と指摘。結果、イチロー・上原の日本人40代コンビ誕生は夢と消えた。

【次ページ】 監督「イチローは来季についても同じ役回り」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
イチロー
上原浩治
大谷翔平
ドン・マッティングリー
クリスチャン・イエリチ
マーセル・オズナ
ジャンカルロ・スタントン
マイアミ・マーリンズ

ページトップ