“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

青森山田は毎試合バス移動10時間。
プレミアイースト優勝はハングリー故?

posted2016/12/12 16:00

 
青森山田は毎試合バス移動10時間。プレミアイースト優勝はハングリー故?<Number Web> photograph by Takahito Ando

昨季は勝ち点1差で2位だった青森山田。今季はプレミア制覇と選手権制覇の2冠を目指す!

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 片道8~11時間。往復で16~22時間。

 彼らはリーグ期間中の8カ月間、この長い旅路をバスで移動してやって来る。そして、ユース年代最高峰の相手と戦い、再びバスで帰路につく。

 青森山田にとって、これはすべて「当たり前の日常」なのだという。

 本州最北端・青森県にある青森山田高校は、「高円宮杯プレミアリーグ(イースト)」が発足した2011年から参加している。2010年までは、全国を9地域に分割したプリンスリーグを勝ち抜いたチームが集結する形で、高円宮杯全日本ユース選手権が開催され、クラブユースと高体連の垣根を取っ払った真の日本一を決めていた。

 そのため「プリンスリーグ東北」に所属していた青森山田の移動距離は、それほど突出したものではなかった。

 しかし、2011年にプレミアリーグが立ち上がると、事態は一変した。

リーグの他チームがすべて遠い……青森山田の苦難。

 プレミアリーグ・イーストに所属するチームの多くは関東と東海地域のチームとなり、彼らと戦うために青森山田の移動距離はどんどん伸びていった。そして、コンサドーレ札幌U-18が昨季のプレミアリーグで降格したため、北海道・東北地域の参加チームは青森山田の1チームのみとなった。

 イーストに所属する他のチームは、新潟(アルビレックス新潟U-18)、静岡(清水エスパルスユース)、関東(FC東京U-18、大宮アルディージャユース、市立船橋、流通経済大柏、柏レイソルU-18、横浜F・マリノスユース、鹿島アントラーズユース)となり、青森山田は過去最高の移動距離を強いられることとなったのだ。

【次ページ】 「環境が良くなれば弱くなってしまうかも」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
青森山田高校
FC東京
サンフレッチェ広島
黒田剛
住永翔
鈴木喜丈
佐藤一樹
佐々木快
廣末陸
鳴海彰人
高橋壱晟

ページトップ