沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

危ない瞬間が全くなかったモーリス。
花道を香港カップで飾り、堂々引退。

posted2016/12/12 11:30

 
危ない瞬間が全くなかったモーリス。花道を香港カップで飾り、堂々引退。<Number Web> photograph by REX FEATURES/AFLO

ラスト150mで馬群を抜け出し、後続を一気に突き放したモーリス。能力的にも距離適性的にも、底を見せずに引退することになった。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

REX FEATURES/AFLO

 慌ただしくも、楽しい一日だった。日本にいながらにして国内外5つのGIレースを買うことができた12月11日、香港では日本馬が2勝し、国内の2歳女王決定戦では「怪物」の娘が圧巻のレースを見せた。

 5つのGIのメインレースと言うべき香港カップ(シャティン芝2000m、3歳以上GI)を制したのは、ライアン・ムーアが騎乗した1番人気のモーリス(牡5歳、父スクリーンヒーロー、美浦・堀宣行厩舎)だった。

 香港のシークレットウェポンが2着、日本のステファノスとラブリーデイが3、4着となった。

 絶好の1番枠を引いた武豊のエイシンヒカリが大方の予想どおりハナを切った。1コーナーを回ったところでは、ある程度溜めながら逃げられそうに思われたが、2コーナーで香港のヘレンスーパースターが掛かり気味に上がってきたため、外からかぶせられないよう向正面でペースアップせざるを得なくなった。

 最初の2ハロンは26秒79とゆっくり入ることができたのに対し、そこからは23秒台前半の速いラップがつづく。後ろになし崩しに脚を使わせるハイペースでの逃げはエイシンヒカリの武器でもあるのだが、昨年ほどの出来にはなかったのか、直線で失速して10着に沈んだ。

 モーリスはその速い流れのなか後方を進み、直線で内から馬群の隙を突いて豪快に伸びて、2着を3馬身突き放した。折り合い面で前走の天皇賞・秋からさらに進境を見せ、危ないと思わせた瞬間がどこにもない、まさに完全勝利だった。

今年GI3勝目。年度代表馬はモーリスの手に?

 圧巻のGI6勝目。これがラストランとなるのだが、来年も現役をつづければ、マイルと2000mの「2階級制覇」のみならず、2400mのGIも勝つ「3階級制覇」さえも狙えたのではないかと思えてくる。

 なお、追加登録料を払って出走したもう1頭の日本馬クイーンズリングは9着だった。

 モーリスは今年、春の香港チャンピオンズマイル、天皇賞・秋、そして香港カップとGIを3勝。年度代表馬争いで、キタサンブラックを抜いてトップに躍り出た。キタサンが再逆転するには、有馬記念を勝って、自身も今年のGI3勝目を挙げるしかなくなった。

【次ページ】 「GIを勝てないサトノ」のジンクスが破れ……。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
ライアン・ムーア
モーリス
ソウルスターリング
フランケル
クリストフ・ルメール
サトノクラウン
堀宣行
阪神ジュベナイルフィリーズ
香港カップ

ページトップ