ゴルフPRESSBACK NUMBER

夢は宮里藍、そして初優勝へ……。
17歳・畑岡奈紗、米国進出の覚悟。

posted2016/12/11 11:00

 
宮里藍、宮里美香、野村敏京、上原彩子、横峯さくら達と共にアメリカで戦うことになった畑岡。初年度に狙うのはツアー1勝、そして「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」だ。

宮里藍、宮里美香、野村敏京、上原彩子、横峯さくら達と共にアメリカで戦うことになった畑岡。初年度に狙うのはツアー1勝、そして「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」だ。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 約2カ月前、17歳の女子高生が史上最年少で、またアマチュアとして初めて「日本女子オープンゴルフ選手権競技」を制した。それは、その「女子高生・畑岡奈紗(なさ)」の名前が日本全国に発信された瞬間であった。

 畑岡は大会終了から約1週間後、日本女子ツアー史上最年少でプロ転向した。そして、先週の米女子ゴルフ最終予選会で、14位タイとなり、日本人史上最年少で米女子ツアーの出場権を得てしまった。

 日本ツアーでまずはプレーするという選択肢もあったが、臆することなく世界を選んだのは、憧れのゴルファーの存在が大きかったからだ。

「宮里藍さんみたいになりたいと思って……」

 宮里が18歳で初優勝した時に畑岡は4歳だったわけで、当然、宮里のプロデビュー時の記憶はない。ただ、11歳でゴルフを始めて物心ついた時には、宮里はすでにテレビに映るスター選手であった。

米国で再び気づいた、宮里藍の偉大さ。

「悪い癖で(パットのルーティーンを)急いでしまうことがあるので、(藍さんのゆったりとした)テンポを参考にさせていただいてます」

 畑岡は約158cm、宮里は約155cmと身長がほぼ同じである。

 今年、米女子ツアーの「スウィンギングスカート・クラシック」に畑岡は招待選手枠で出場しており、最終日には身長差20cm以上あるスウェーデンのアンナ・ノルドクビスト(29歳、182cm)と回って、改めて宮里藍の凄さを実感したという。

「色んな選手がいる中で、ずっとアメリカでプレーされてて、本当にすごいなと思います」

 同大会に出場したことで「リディア・コなど同世代の選手と戦いたい!」と、米女子ツアーを目指す決心をしたという。

【次ページ】 2年前、同学年の勝みなみに逆転優勝された畑岡。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ