Number ExBACK NUMBER

リーチ マイケル、待望の再点火。
飽くなき向上心とJAPANへの思い。

posted2016/12/02 17:00

 
リーチ マイケル、待望の再点火。飽くなき向上心とJAPANへの思い。<Number Web> photograph by Koichiro Matsui

スポーツ史上最大のアップセットと言われた南アフリカ戦、リーチの決断が風化することは決してない。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Koichiro Matsui

 11月、ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ体制でのラグビー日本代表が、テストマッチ4連戦に臨んだ。

 ジョージアに勝利を挙げたが、結果としては1勝3敗。数字だけ見れば苦戦ともとれるが、日を追うごとに新戦術を身につけ、強豪ウェールズ相手に30-30と同点に追いつく健闘を見せた。戦前は準備不足を指摘されていたが、2019年に向けて、大いなる可能性をラグビーファンに示した、といっていいだろう。

 しかし、今回の代表メンバーの中には、昨年のW杯でキャプテンを務めたリーチ マイケルの名前がなかった。

 南アフリカ戦後半、最終盤の「決断」。

 29-32で迎えた後半40分、エディー・ジョーンズヘッドコーチからは同点を狙って「ショット」の指示が出たが、キャプテンだったリーチは、その指示に従わない。

「スクラム」を選択し、見事トライを決め、ジャイアントキリングを果たした。彼の勇気ある決断がなければ、ラグビー史上に残る番狂わせは、起きなかった。

 実力的にも精神的にも、日本に不可欠と思われるリーチは、なぜ代表入りを辞退したのか。本人に話を聞くために、東芝ブレイブルーパスのクラブハウスを訪ねた。

茶目っ気のあるサービスに、緊張がほぐれる。

 ジョージア戦の2日後、11月14日。

 東芝クラブハウスの入口で待機していると、ロッカールームからトレーニングルームに向かうリーチが通りかかった。

 こちらの挨拶に、「コンチハ!」とハキハキとした流暢な日本語で応じてくれた。

 それから、彼はエントランスの隅にある、ラグビーボールが山盛りになった箱に手を伸ばした。

 てっぺんにあった1球の端をつまみ、クルリと角度を変える。そして何も言わずにトレーニングルームに入っていった。

 なにかと思い近づいてみると、それは、英語名の下にカタカナで「リーチ」と書かれたサインボールだった。

 おそらく、今日のインタビューの相手だとわかって、見せてくれたのだろう。茶目っ気のあるサービスに、こちらの緊張も一気にほぐれた。

【次ページ】 2015年が終わって、自分の目標が決まらない時間が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ジェイミー・ジョセフ
リーチ マイケル
ラグビー日本代表

ページトップ