ゴルフPRESSBACK NUMBER

20歳そこそこの選手が上位独占!
米女子ゴルフ界で起こる革命とは。

posted2016/11/29 07:00

 
20歳そこそこの選手が上位独占!米女子ゴルフ界で起こる革命とは。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

米女子ツアー最終戦の初日に同組だった(左から)アリヤ・ジュタヌガーン、リディア・コ、ブルック・ヘンダーソン。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 とにかく、2016年の米女子ツアーは“ワカモノ”の強さが際立った年だった。

 今季33試合のうち計25試合の優勝者は24歳以下である。

 賞金ランク1~3位は20歳前後で独占した。

 1位はアリヤ・ジュタヌガーン(21歳/タイ)、2位リディア・コ(19歳/ニュージーランド)、3位はブルック・ヘンダーソン(19歳/カナダ)である。

 さらにチョン・インジ(22歳/韓国)が、1978年のナンシー・ロペス以来、「ベアトロフィー(年間最少平均スコア)」と新人賞をW受賞したのだ。

 ではなぜ、米ツアー歴1~3年という新参者が、ここまで米女子ゴルフ界を席巻したのだろうか。

 今季、優勝を重ねた若手の特徴として「パー4、パー5でのバーディ数」が非常に多かったことが挙げられる。ここが強さの秘密を紐解くヒントとなる。

急に7割の選手のドライバーの飛距離が伸びた!?

 実は米女子ゴルフ界で、今年は面白い現象が起こった。

 去年に比べて、約7割の選手の「ドライバーの平均飛距離」がアップしたのだ。

 例えば、平均飛距離260ヤード以上は15→35選手に増えた。日本ツアーは公式な記録として年間で測っていないため参考程度になるが、日本屈指の飛ばし屋の渡邉彩香のドライバーの平均飛距離は260~270ヤードと言われる。ここ1年間で、20選手が渡邉の飛距離に追いついたことになる。

 本間ゴルフの海外プロ担当の桜木サミーは「この現象は、あらゆる要素が合致して起こったのかも知れません」と推測する。

「(ドライバーの飛距離のアップが起こるのは)クラブ開発のルール、道具の進化、選手の体、全てが化学反応のように、うまく組み合わさった時なんです」

【次ページ】 最新の道具をすぐに自由自在に扱える選手が勝つ。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
アリヤ・ジュタヌガーン
リディア・コ
ブルック・ヘンダーソン
宮里藍
宮里美香
チョン・インジ
ユ・ソヨン

ページトップ