猛牛のささやきBACK NUMBER

脱・金子専属で再び正捕手の座を。
オリ伊藤光、27歳で迎えた転換点。

posted2016/11/22 07:00

 
脱・金子専属で再び正捕手の座を。オリ伊藤光、27歳で迎えた転換点。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

扇の要を任されれば、充実の表情を浮かべる。伊藤光にとっての本職はやはり、キャッチャーなのだ。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 この秋のフェニックス・リーグに臨んだオリックスの選手の中で最年長だったのは、27歳の捕手、伊藤光だった。

 オフシーズンのテーマは、「ピッチャーのことを、よりよく見ること」だと言った。

「どうしてもシーズン中のゲームだと、データが出てきてスコアラーもいて、相手バッターのことが中心になりがちで、僕もそっちばかり勉強してピッチャーの特徴を活かして攻めるということが欠けていたと思う。ここ(フェニックス・リーグ)ではあまりデータはないし、一軍経験の少ないピッチャーが多いので、そういうピッチャーのいいところ、特徴をしっかり理解して、話し合いながらバッターを抑えていくということをテーマとしてやっています」

打者を中心に見るのではなく、投手の最高の球を。

 それは今シーズン、自身が課題に挙げた状況判断力を磨くためだ。

「もちろんデータは必要なんですけど、例えば、変化球が苦手というデータのあるバッターでも、その時のピッチャーが球が速くて、変化球が得意じゃないのなら、わざわざ変化球中心で攻める必要はない。逆に相手が変化球を得意としていても、そのピッチャーがすごくキレのいい変化球をコントロールできるなら、それを中心に攻めることも必要。相手の弱点だったとしても、果たしてそれがピッチャーにとって最高にいいボールなのか。それをわからずに、自分はいけると思って攻めて打たれたりしていた。

 それに、試合の中で最初は悪くても途中からよくなる球もあるし、逆もある。そうしたことを試合中にすぐに判断して、ピッチャーと2人で攻めていけるか。基本的なことなんですけど、どうしても上(一軍)に行くと、いいとこいいとこに投げさせようとしてしまう。僕がバッターを中心に見てしまっていたというのは正直ありました」

【次ページ】 若月の台頭もあって、一塁やDHでの起用が増えた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
伊藤光
オリックス・バファローズ
若月健矢
福良淳一
山崎勝己
伏見寅威

ページトップ