ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

凱旋試合での世界基準と高い志。
松山英樹、日本ゴルフ界への愛情。

posted2016/11/16 11:00

 
凱旋試合での世界基準と高い志。松山英樹、日本ゴルフ界への愛情。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

松山は今季国内ツアーで2戦2勝。最少スコア記録となる23アンダーでの優勝を果たした。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

Yoichi Katsuragawa

 当然と言えば当然かもしれない。それでも、ありあまる期待以上の回答を出すのだから、誰もが賛辞を惜しまない。

 中国でアジア勢初の世界選手権制覇を遂げた松山英樹が、2週間後に静岡・御殿場で行われた三井住友VISA太平洋マスターズで圧勝した。

 初日から単独首位を独走し、後続に7打差をつける快進撃。10月の日本オープンから出場4試合で3勝、単独2位が1回。日本、マレーシア、中国、そして日本と遠征を続け、状態は万全でないながらも直近14ラウンド連続で60台をマークする実にハイレベルな安定感を誇示している。

 松山は優勝会見で「日本では1日ハマれば勝てる。米ツアーでは3日、ハマらないといけない」と言った。

凱旋試合で見せつけた“3回”という世界基準。

 受け取り方によっては鼻もちならない言い草にも聞こえるが、補足が必要だろうと思う。日本では1試合4ラウンドのうち、1回でも他選手を抜きんでるロースコアが出れば「優勝争いのチャンスがある」というのが大意。もちろん“ハマらない”日に大叩きをしてしまえば、その輪には加われない。

 いずれにしても、松山は体感する日米ツアーのレベルの差を自分なりに表現した。そして「今週はそれ(ハマった日)が“3回”あった」という。いわば、この試合のスコアメークは米ツアーにおいても優勝争いに加われるもの。凱旋試合で「世界基準」を見せつけてくれたわけだ。

 圧勝ムードが漂った会場で、誰かが言った。

「来週、再来週あたりにマスターズがあればいいのに」――。

【次ページ】 9打差の宮里優作は「ひとりだけ異次元だね」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹
宮里優作
谷原秀人

ページトップ