2016年の高橋由伸BACK NUMBER

山口俊&森福獲り、大田放出……。
由伸巨人のストーブリーグを観察! 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/11/16 11:15

期待されていた大田を手放した一方で、FAとトレードで実績あるピッチャーを次々と獲得しようとしている由伸巨人。やはり野球は投手力、ということか。

期待されていた大田を手放した一方で、FAとトレードで実績あるピッチャーを次々と獲得しようとしている由伸巨人。やはり野球は投手力、ということか。

栗山監督のコメントに、移籍して良かったと思った。

 それは、“毎年恒例”のお約束なのだけど、大田には本当に夢をることができた。こういう選手って貴重だよなぁ。

 でも三振してもミスしても「しょうがねぇなぁ」と楽しんでしまうのは、我々ファンは勝手だからである。大田にとっては「そろそろ」まじめにマズいのだ。ではどうするか。環境を変えるのは大きなきっかけだと思う。

 日ハムの入団会見。栗山監督は大田に言った。

『俺がお願いしたのは、思い切りやってくれ、3回フルスイングして三振してくれ、中途半端はやめてくれと。』(スポーツ報知・11月5日)

 ああ、いい人に出会えたじゃないですか。大田のことを考えるのなら、やっぱりこのトレードはよかったと思いたい。大田泰示よ、大志を抱け。

ドラ1の吉川尚輝をセカンドにコンバートすれば……。

 FA、トレードときたらドラフト会議である。

《田中正義(創価大)、今井達也(作新学院高)といった投手も当然すばらしそうだけど、巨人若手野手陣の元気のなさを見た今年は吉川尚輝(中京学院大)や京田陽太(日本大)といった野手もチームの雰囲気を変えそうで魅力的。》

 と前回書いた私としては、吉川尚輝の指名は最高の結果だ。吉川を本職のショートからセカンドにコンバートすれば、長年のセカンド未定着問題が一気に解決する。

 先述した、長嶋巨人が2年目で激変したキーワード「トレード」に続き「コンバート」も由伸巨人は実現しそうだ。

 吉川以上にある意味話題を集めたのがドラフト7位だろう。

 そう、リャオ・レンレイ!

【次ページ】 馬場さんを超えた巨人、リャオ・レンレイの大きさ。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
4/5ページ

ページトップ