2016年の高橋由伸BACK NUMBER

山口俊&森福獲り、大田放出……。
由伸巨人のストーブリーグを観察! 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/11/16 11:15

期待されていた大田を手放した一方で、FAとトレードで実績あるピッチャーを次々と獲得しようとしている由伸巨人。やはり野球は投手力、ということか。

期待されていた大田を手放した一方で、FAとトレードで実績あるピッチャーを次々と獲得しようとしている由伸巨人。やはり野球は投手力、ということか。

大田を手放し、MVPサウスポー吉川を獲得した。

 大型トレードでチームに刺激を!という思いで書いたのだが、まさにそんなトレードが発表された。
「由伸巨人 大補強第1弾 MVP左腕」(サンケイスポーツ・11月3日)

《日本ハム・吉川光夫投手(28)、石川慎吾外野手(23)と巨人・大田泰示外野手(26)、公文克彦投手(24)のトレードが成立し、2日、両球団が発表した。2年連続でリーグ優勝を逃した巨人は入団時にOBの松井秀喜氏(42)の背番号「55」を受け継いだ大田を放出する形となったが、2012年のパ・リーグMVPに輝いた“即戦力左腕”吉川を獲得。》

 これには驚いた。

 吉川光夫投手の巨人での背番号は「21」と早々に発表された。ああ、「加藤初」と同じではないか。期せずして第1次長嶋政権の1年目のオフの動きと酷似。動いてきたなぁ。

大田は巨人の選手には珍しい大ボケキャラだった。

 では大田泰示のことを書こう。大田泰示にはなんといっても夢があった。超高校級スラッガーとして、ドラフト会議では当たりクジを経て入団。大田は最初からワクワクさせてくれた。

 8年間でホームラン9本というのはたしかに少ない。でも、その姿を見ただけで球場が和むという天性の華があった。デビュー直後に「ショート坂本、サード大田」を東京ドームで見れたときは、どれほどニコニコしてしまったことか。

 大田は巨人の選手には珍しい大ボケキャラでもあった。「大田、しっかりしろ!」と言いたくなるのだけど、でも言ってる側はうれしそうだったりする。「大田ぁ、大事なときに自転車でコケるなよ、インフルエンザになるなよー」。大田になら全力で叱れた。

 そうして毎年キャンプがはじまると「今年の大田は違うぞ」「ついに覚醒だ!」という紙面にウキウキさせられるのだ。

【次ページ】 栗山監督のコメントに、移籍して良かったと思った。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
3/5ページ

ページトップ