リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

点を取れずドリブルでも抜けない。
31歳ロナウド、不調も続く特別扱い。

posted2016/11/12 11:00

 
点を取れずドリブルでも抜けない。31歳ロナウド、不調も続く特別扱い。<Number Web> photograph by AFLO

ロナウドは契約延長会見で「41歳までプレーしたいね」と豪語したという。果たして10年後までペレス会長の御眼鏡に適うのか。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

AFLO

 第11節が終わり、'16-'17シーズンもまもなく中盤に差し掛かる。

 上位には案の定2強+アトレティコの優勝候補が絡んでいるが、一方でどこも順風満帆とは言い難く、今後の二転三転が楽しみな展開になっている。

 まず、ディフェンディングチャンピオンのバルサは早くも2敗(アラベス戦とセルタ戦)を喫して2位。

 次に、CL決勝戦で再びマドリーに屈した昨季の雪辱が期待されるアトレティコもここまで2敗3分けとシメオネ監督期では最悪の序盤を過ごして4位。

 おかげで首位に立つのはそのマドリーだが、こちらもモウリーニョの下でリーガ史上初の100ポイントを獲得した前回戴冠時の勢いはなく、どこでつまずくかわからない。

 なにしろ守備が脆い。

MFカゼミーロと主将ラモスの不在で守備が機能不全。

 これまでの全公式戦16試合で18失点しており、ゴールを許さなかったのはリーガのレアル・ソシエダ戦、エスパニョール戦、そして前節レガネス戦のみ。具体的にはボールを失った後、敵の前進を止められない点や、シュート体勢に入った選手へのチェックの甘さが指摘されている。今月2日に行われたCLグループステージ第4節レギア・ワルシャワ戦でも、明らかな格下を相手にしながら、まさにそんな不手際で0-2から逆転され、85分に追いついて面目を保った。ちなみにレギアは枠内へのシュート4本で3得点している。

 このディフェンスの機能不全について、大きいのはカゼミーロとセルヒオ・ラモスの戦線離脱だろう。昨シーズンの陰のMVPといえる前者は9月中旬のエスパニョール戦で腓骨に亀裂骨折を負った。ジダンは中盤の守備に頭を悩ませてきたが、確実な代替案はいまだ見つけられないでいる。

 ラモスの方は10月9日のW杯予選アルバニア対スペインで左ヒザを捻挫。代役はペペやナチョが務めてはいるものの、キャプテンでもあるラモスの不在はあらゆる面で感じられる。

【次ページ】 看板の「BBCトリオ」も存在感が薄くなっている?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
クリスティアーノ・ロナウド
リオネル・メッシ
ジネディーヌ・ジダン
ネイマール
ルカ・モドリッチ
ガレス・ベイル
カリム・ベンゼマ

ページトップ