サッカーの尻尾BACK NUMBER

拍手から呆然へ変わったペップの姿。
メッシ&エンリケのバルサにCL惨敗。

posted2016/10/20 11:25

 
拍手から呆然へ変わったペップの姿。メッシ&エンリケのバルサにCL惨敗。<Number Web> photograph by AFLO

バルセロナに4点を奪われ、最後は「お手上げ」状態だったグアルディオラ。次なる戦術革命を起こすことはできるのか。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

AFLO

 最初は拍手をしていた。

 前半、ネットを揺らしたメッシが歓喜の走りを見せる。遠く離れたベンチ前、ピッチのギリギリのところに立ち、うなだれる選手たちを鼓舞した。まだ追いつく時間はある。

 しかしそれはやがて首を振る動作へと変わる。最後には呆然とした姿になった。

 4-0。

 失点後のグアルディオラは全く異なる反応を見せていた。失点の度に耳にしたのは、かつて彼自身が完成させた選手の名だ。

 メッシは3点を決め、バルサはCLグループCの首位をかけた直接対決に4-0で勝利した。メッシは負傷明け。まだ完調にはほど遠いにもかかわらず、次々とネットを揺らした。獲得したPKをネイマールに譲る余裕すら見せた。

 一方、シティのエースはベンチに座り、グアルディオラの背中ごしにピッチを眺めて過ごした。

「バルサと対峙するにはふたつの方法がある」

 アグエロ外しは、試合前のカンプノウをざわつかせた。「戦術上の理由だった。中盤を厚くしたかった」とグアルディオラ。指揮官なりの理由があった。

 CFの位置に入ったのはデブライネ。かつてのメッシのような、いわゆる“偽9番”だ。サイドのウイング(スターリング、ノリート)はキープしつつ、バルサをポゼッションで上回るために中盤の人数も増やしたい。行き着いた答えはアグエロを外すことだった。

 エースを外してまでグアルディオラが求めたことのひとつは、ピッチ全体でのマンツーマンだった。ひとりひとりが対面の相手につく。テア・シュテゲンのゴールキックの際も、複数の選手がゴールエリア近辺にまで相手を詰めた。

「バルサと対峙するにはふたつの方法がある」と、試合後にグアルディオラは言った。

「ひとつ目は引いて守ること。それで勝てるかもしれない。負けるかもしれない。ただ、言えるのは、自分はそんな戦い方はできないということ。その種の戦い方は好きではない」

 試合途中までは機能していた。バルサといえど、ペップの思想が乗り移ったかのようなシティのプレスに、ボールを繋ぎ続けることはできなかった。この試合のポゼッションはホームでもあるにもかかわらず、わずか53%だ。

【次ページ】 エンリケ「フットボールはミスを突くゲーム」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ジョゼップ・グアルディオラ
リオネル・メッシ
ルイス・エンリケ
バルセロナ
マンチェスター・シティ

ページトップ