野球のぼせもんBACK NUMBER

天敵ロッテ撃破で得意の札幌へ――。
SB柳田復帰で描くCS逆襲の青写真。

posted2016/10/07 07:00

 
天敵ロッテ撃破で得意の札幌へ――。SB柳田復帰で描くCS逆襲の青写真。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

柳田はレギュラーシーズン最終盤までに戦線復帰できなかった。だからこそ、CSの舞台に期するものは大きい。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 あえて「謝罪」は口にしなかった。

 9月30日、本拠地最終戦後のセレモニーでマイクの前に立った工藤公康監督は、スタンドを見渡しながら次のように述べた。

「シーズンの結果は2位という成績に終わりましたが、我々の戦いは、これからです。ファーストステージ、ファイナルステージを勝って、最終的な目標は日本一V3です。この偉業ともいえる3連覇を成すべく、キャンプからみんな血のにじむような努力をし、懸命に頑張り、熱く戦ってきました。この目標をぜひ、ファンの皆さんの前で達成すべく、これから一生懸命頑張っていきたいと思います」

 スタンドからは「そうだ」や「まだ終わってないぞ」の声が飛ぶ一方で、筆者の傍にいた地元福岡の放送メディア関係者は「なんだよ。『優勝できずにスミマセンでした』じゃないのか」と毒づいた。野球メディアの世界はどういうわけか、新聞番記者よりもテレビ局のディレクターの方が担当球団への愛情が深い(特に上位常連チームにその傾向が見られる)。だから文句の一つも言いたくなるのは分からなくもない。

 なにせ最大11.5差をひっくり返されたのだ。球史に残るV逸である。

「修正できなかった」と工藤監督は悔いを見せた。

 ただ、ファンには「悔い」を見せなかった工藤監督だが、その後ベンチ裏で行われた囲み取材での姿は違った。厳しい表情を浮かべ、大きな目をきょろきょろと動かしながら率直な思いを吐きだした。

「僕自身が修正できなかった」

「迷った部分があった」

「反省している」

「悔やまれる」

 だからこそグラウンドで見せた、ただひたすら「前だけ」を向いた言葉に強い決意と心意気を感じ取ることが出来たのだ。反省は大事だ。だけど過去を悔いたり振り返ったりするのはまだ早い。

 リーグ3連覇は逃したが、3年連続日本一の夢はまだ道半ばだ。

【次ページ】 今季、札幌ドームでは5勝3敗1分けの勝ち越し。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康
武田翔太
和田毅
中田賢一
東浜巨
バンデンハーク
柳田悠岐
千葉ロッテマリーンズ
クライマックスシリーズ

ページトップ