ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

マスターズで勝てば即日本の賞金王?
時代遅れのシステムに再検討の光を。

posted2016/10/09 11:00

 
マスターズで勝てば即日本の賞金王?時代遅れのシステムに再検討の光を。<Number Web> photograph by AFLO

今季のゴルフ界の顔になったローリー・マキロイだが、実は賞金では4位。日本から見ると少し違和感もあるが……。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 長い1年の終わり。昨年10月に開幕したアメリカPGAツアーは、最終戦でローリー・マキロイが優勝を飾ってシーズンの幕を閉じた。

 ジョージア州アトランタでの決着は劇的で、最終日はケビン・チャッペル、ライアン・ムーアとの三つ巴のプレーオフに突入。4ホール目でバーディパットを沈めた直後の雄叫びとガッツポーズがシーズンエンドにふさわしかった。

 この最終戦の勝敗が意味するのは、ただの1試合の結果に留まらない。シーズンの成績を通じたポイントレースによる年間王者が決定。昨年の夏場まで世界ランキング1位に君臨していたマキロイは、プレーオフシリーズの2勝目とともにフェデックスカップ王者の称号も手に入れた。

 最終戦の賞金のほかに、1000万ドル(約10億円)が年間王者に与えられるボーナスは、ランキングで2位以下の選手にも支払われる。2位のダスティン・ジョンソンには300万ドル、3位パトリック・リードでも200万ドル。参戦3年目で自己最高のランキング13位で終えた松山英樹も28万ドルを獲得した。

 2007年から導入されたこのプレーオフ制度も、節目の10シーズンが終了。4試合のプレーオフシリーズにおける分配ポイントの変更など紆余曲折を経て、ようやく定着した印象がある。以前はそのシーズンの王者といえば賞金王に他ならなかったが、いまは違うのだ。

賞金が一番多いのはマキロイではなく……。

 では今季の米ツアーで、もっとも賞金を稼いだ選手は誰だったか。

 1位は全米オープンなど3勝を挙げたダスティン・ジョンソンで936万5185ドル。2位が同じく3勝、世界ランク1位のジェイソン・デイで804万5112ドル。3位のアダム・スコット(647万3090ドル)を挟んで、マキロイは4番目。579万585ドルは、ジョンソンが稼いだ62%ほどの額だ。ちなみに、松山は419万3954ドルで9位と、ポイントレースよりも優れた順位で終えていた。

【次ページ】 欧州ツアーでも、賞金からポイントに中心が変わった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
谷原秀人
ローリー・マキロイ

ページトップ