プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

「王道」初優勝から「三冠」へ――。
全日本プロレス、無骨な王者・諏訪魔。

posted2016/09/26 07:00

 
「王道」初優勝から「三冠」へ――。全日本プロレス、無骨な王者・諏訪魔。<Number Web> photograph by Essei Hara

「王道トーナメント」のトロフィーを抱きしめる諏訪魔。頑丈な身体と心を持つ優しきプロレスラーは、どういう方法で全日の栄光を取り戻すつもりなのか?

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 初めて三冠王者になった時ですら、こんなには喜ばなかったと記憶している。

 9月19日、後楽園ホール。全日本プロレスの「王道トーナメント」優勝決定戦でゼウスを倒した諏訪魔は優勝カップをしっかりと抱きしめた。

 王道トーナメントはまだ4回目で歴史のあるタイトルではない。

 だが、「できた時から、このカップをずっと見てきた」と諏訪魔はちょっと言葉をつまらせた。

 そして「うれしい」と、何度もしっかりと、お気に入りの抱き枕のように、崩れんばかりの笑顔で新しい勲章を抱いた。

「もちろん、次は三冠だという思いがある。最高の舞台でできたらいいな」

 ケガで返上した「自分のタイトル」を取り戻したいという思いがみえた。

 諏訪魔は2008年にキャリアわずか3年5カ月で三冠ヘビー級王者になった。

 三冠獲得から8年が経ち今は39歳になったが、プロデビュー前にレスリングで五輪を目指して社会人を経験したので、プロレスのキャリアはまだ12年なのだ。

決勝戦の途中から、記憶が途切れていた諏訪魔。

 9月19日の後楽園ホール。

 諏訪魔の記憶は試合の途中からぶっ飛んでいた。

 張り手なのかエルボーなのかわからないが、それを食らってから記憶はなかった。ただ本能のまま、血走った眼で、相手のゼウスに立ち向かっていった。

 余裕などなかった。

 ラリアットでぶつかり合った。

 バックドロップのキレはよかった。

 フィニッシュの頭上高く差し上げて叩きつけるパワーボム(ラストライド)も豪快に決めた。

 だが、諏訪魔は勝ったことすら理解していなかった。

 優勝の勝ち名乗りを受けてからも、和田京平レフェリーから「試合は終わっているぞ」と念を押すように強く言われた。

【次ページ】 三冠王者に復帰直後、まさかのアキレス腱断裂。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
諏訪魔
ゼウス
全日本プロレス
宮原健斗
ジャイアント馬場
ジャンボ鶴田
天龍源一郎
スタン・ハンセン
ブルーザー・ブロディ
三沢光晴
小橋健太
川田利明
田上明

ページトップ