プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

還暦前の大仁田厚が広げた大風呂敷。
旧川崎球場で「最後の」電流大爆破。

posted2016/09/20 07:00

 
還暦前の大仁田厚が広げた大風呂敷。旧川崎球場で「最後の」電流大爆破。<Number Web> photograph by Essei Hara

新団体の「ファイヤープロレス」のコンセプトは「爆破エンターテイメント」。「地方創生」「イジメ撲滅」を掲げ、地方を中心に興行を行なっている。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 大仁田厚は来年「還暦」を迎えるが、今、なぜか元気だ。

「地方創生」をうたい文句に、小さな町にも積極的に出かけて行っては、次々と試合をこなしている。

 大仁田は「これが最後、これが本当に最後」と、何回も引退した。それなのにその数だけ復帰して、もうカウントしたくなくなるほど、数多くの新団体や新プロモーションを立ち上げてきた。

 8月末にディファ有明で旗揚げ戦を行った「ファイヤープロレス」も大仁田の団体だ。昔の名前を思い出したようにメキシコからチャボ・ゲレロまで呼んできてのパフォーマンスだった。

 9月26日には後楽園ホールでの「FMW」の興行にも出る。

「生きるために、デスマッチを戦っているんです」

「大仁田厚はうそつきだ」と面と向かって言ったことがある。

 そうすると大仁田は「うそつきはないでしょう」と返すが、まんざらでもない表情だ。

「オレ、毎回、デスマッチやっているけれど、死ぬためにやっているんじゃないですよ。生きるために、こうやって生きている証としてデスマッチを戦っているんですよ。わかりますか」

 大仁田は敗血症で以前、本当に死にかけたことがある。だが、知人にも「オオカミ少年」のパフォーマンスだと受け取られた。

 さすがの大仁田も、あの時は「だれも信用してくれなかった」と嘆いた。

 実家が長崎の風呂敷屋の大仁田は、大風呂敷を広げるのが子供の時から得意だった。

 自転車で日本一周の旅にも出かけたし、中学校の2階から「坊っちゃん」のように飛び降りたこともある。

 そんなパフォーマンスを、広げて、広げて、プロレスラーになって、勢いで国会議員もやった。

 大仁田にしてみれば、「引退」でうそをついたつもりなどない。ただやめた後で、またやりたくなっただけだ。そして、それがたまたま何度も繰り返されたわけだ。

「うそつきで何が悪い」と開き直ったこともあるが、これが大仁田の言い分ということになる。

【次ページ】 2017年春、旧・川崎球場で「最後の大仁田厚」を。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大仁田厚
ハヤブサ
天龍源一郎
船木誠勝
テリー・ファンク
チャボ・ゲレロ
FMW

ページトップ