球道雑記BACK NUMBER

“ドラ1”兄へのライバル心は今や昔。
ロッテ大嶺翔太に漂う覚醒の気配。

posted2016/09/14 08:00

 
“ドラ1”兄へのライバル心は今や昔。ロッテ大嶺翔太に漂う覚醒の気配。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

公式サイトのアンケートでは「釣り」が特技だと語る大嶺翔太。石垣島出身の有望株は“出世魚”となれるだろうか。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 これで肩の荷が1つ降りたのではなかろうか。

 昨年の5月10日、兄・大嶺祐太と初めて兄弟揃ってのお立ち台に上がった弟・大嶺翔太の姿を見て、ふとそんなことを考えた。

 甲子園で“八重山旋風”を巻き起こして、プロ1年目から一軍デビューを果たした兄、一方で高校時代は甲子園出場の経験がなく、プロに入っても一軍デビューまで5年の月日を要した弟。

「出来ることなら他球団に入って兄と対戦したかった」

 '09年のドラフト会議の指名直後に思わず出た本音も、大嶺祐太の弟だから自分はプロに入ったのではない。自分の力でここにたどり着いたと、証明したいがために出た言葉のように思えた。

 とは言え、弟の翔太が、兄の祐太を嫌っていたかと言うとけっしてそうではない。

「石垣島にいる祖父と祖母に恩返しがしたい」

 兄をライバル視していたとされる入団1年目のころ、彼は冗談交じりにこんなことを筆者に漏らした。

「家にいるときの兄は、昔から自分(翔太)の買ってきたジャージやトレパンを勝手に着たり、履いたりするんですよ。ホント勘弁してほしいですよね」

 言葉だけをとれば一見、愚痴を漏らしているようにも思えるが、筆者にはそれだけ仲の良い兄弟のエピソードのように思えた。冒頭でも触れた2人で立った初のお立ち台の場面でも、兄の祐太は弟と並ぶ自分の姿に、目を潤ませていたようにも見えた。何かこみ上げてくる想いがあったに違いない。

 弟の翔太も言う。

「兄が(千葉ロッテに)いたから今の自分があると思っています。だから今は兄と一緒に一軍で活躍して、石垣島にいる祖父と祖母に恩返しがしたいんです」

【次ページ】 打撃を改善するために改善した2つの意識とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大嶺翔太
大嶺祐太
千葉ロッテマリーンズ
清田育宏
平沢大河
ヤマイコ・ナバーロ

ページトップ