マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園を“日常感”で戦った大曲工。
日頃の練習を出し切った満面の笑顔。

posted2016/08/17 07:00

 
甲子園を“日常感”で戦った大曲工。日頃の練習を出し切った満面の笑顔。<Number Web> photograph by Kyodo News

大曲工業は、全校生徒415人のうち62人が野球部員。夏は初出場だが、強豪を相手に堂々たる戦いを見せた。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 花咲徳栄(埼玉)が6-1で大曲工業(秋田)を破った初戦。

 春のセンバツにも出場し、この大会で“ビッグ3”と評される剛腕の1人・高橋昂也投手を擁して、優勝候補に挙げる人もいるほどの強豪校が、秋田の普通の公立校を破った話には、おそらく誰も驚かないだろう。

 しかし、現場でその9イニングに立ち会った者として、不思議なほど、大曲工業に“敗北感”を抱かなかった。

 5点差のついた試合でも、両チームが放ったヒットの数は同じ10本ずつ。それも理由の1つなのだろうが、それ以上に、大曲工業の戦いぶりに、いつものグラウンドで練習試合でもしているような“日常感”があったからだ。

「甲子園」という場所は、高校球児にとって、間違いなく特別な場所である。

 よく使われる“聖地”という表現は好きじゃないが、甲子園で試合をするということは、間違いなく特別な場所で、特別なことをすることだ。

 なのに、まず大曲工業の先発・藤井黎来(2年・181cm82kg・右投右打)の表情に、特別なことに臨む時の、妙なこわばりが見られない。

表情にも態度にも出さず、ひたすら低く。

 いかにも、米食って育ったんだなぁ……と思わせるふっくらとしたユニフォーム姿に、まん丸顔の童顔。

 初回の立ちあがりで、いきなり四球を与えても、ちょっと困ったような笑顔を浮かべただけで、大きなカーブを交えながら、時に140キロを超える重そうな速球を黙々と投げ込み続ける。

 左中間を割られ先制の1点を奪われても、その様子はいっこうに変わらない。

 東北人だなぁ……と思う。

 少々のことがあっても、気にしているのかいないのか、表情にも態度にも出さずに、さっきまでと同じように、カーブと、抜いた感じの変化はチェンジアップだろうか、速球に交えながら、ひたすら低く、低く。

 そんなことを続けていたら、三振2つ奪って、初回を1点で切り抜けていた。

【次ページ】 相手のエースを打席に迎えて、珍しく出した気合。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
高橋昂也
花咲徳栄高校
大曲工業高校
全国高校野球選手権大会
甲子園

ページトップ