Number ExBACK NUMBER

あのスラッガーたちの今を尋ねて。
「王二世」阿久沢毅(桐生)の場合。

posted2016/08/12 11:30

 
あのスラッガーたちの今を尋ねて。「王二世」阿久沢毅(桐生)の場合。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

阿久沢監督、群馬県立勢多農林高校での指導風景。元西武の山崎敏などを輩出している硬式野球部である。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 Number 908・909・910号「甲子園 最強打者伝説。」では、甲子園で美しいアーチを描いたスラッガーたちの活躍を振り返ります。今回は1978年に桐生高校の主砲として人気を博しながら高校卒業後に一線を退いた、「幻のスラッガー」阿久沢毅の現在に迫りました。

 多くの群馬県民にとって、1978年は群馬県の高校野球の黄金期として記憶されている。桐生と前橋という公立の進学校2校が同年の選抜甲子園に出場して、ともに鮮烈な印象を残したからだ。

 まず、前橋の松本稔投手が1回戦・比叡山戦で完全試合を達成した。これは春夏を通じて当時の甲子園史上初の快挙であり、現在でも2人しか達成者はいない。一方の桐生もエースで4番の木暮洋が26イニング連続無失点と快投を見せ、ベスト4に進出。ただ、桐生の場合は木暮の前を打つ3番打者にも注目が集まっていた。

 阿久沢毅。

 木暮が連続完封した2回戦・岐阜戦と準々決勝・郡山戦で、2試合連続本塁打を放った左の強打者だ。これは20年前に早稲田実業の王貞治が達成して以来の記録だったことから、豪快なスイングの3番・一塁手はたちまち「王二世」と称されるようになった。

「将来は安定した職に就きたい。少年野球の指導者」

 郡山戦の翌日の日刊スポーツ紙面には当時巨人の選手だった王もコメントを寄せており、「それは立派ですね。まだよく振り込んでいない時期に打つんだから、力のある証拠です。ぜひもう一発打って」とエールを送っている。

 しかし、その紙面の中にはひとつ気がかりな点があった。陽気な阿久沢の「内角のまっすぐでした。振りおろしただけなんです。エッ? 王さん以来の連続ホームラン? あんまり関係ないじゃないですか。アッハッハ」というおどけたコメントと一緒に、プロ野球にはまったく興味がなく「将来は安定した職に就きたい。少年野球の指導者になるのが夢」という発言が並んでいたのだ。

【次ページ】 甲子園2回戦で敗退後、阿久沢は硬式野球を辞める。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
阿久沢毅
桐生高校
王貞治
全国高校野球選手権大会
甲子園

ページトップ