セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ナポリのイグアインロスは埋まるか。
マラドーナはタイトルを叫ぶが……。

posted2016/08/10 11:30

 
ナポリのイグアインロスは埋まるか。マラドーナはタイトルを叫ぶが……。<Number Web> photograph by Getty Images

長らくナポリを支えるハムシクと、サッリ監督。このクラブの“背骨”は全くぶれていない。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 マウリツィオ・サッリは怒っている。

 ナポリの指揮官は、特別に目をかけていたFWイグアインのユベントス移籍を未だに許せないのだ。

「(移籍する前に礼儀やケジメとして)イグアインが電話の1本ぐらいよこしてくれるものと信じていた。わしももう若造ではないから、滅多なことでは動揺しないつもりだったが、ユーベのユニフォームを着たやつの姿をニュースで見たときには、心穏やかではいられなかった。個人的に苦々しく思っとるよ」

 怒っているのは監督だけではない。

 同業者である元チームメイトたちはイグアインの選択を尊重して口をつぐんでいるが、デラウレンティス会長は「裏切り者イグアイン」と糾弾し、ナポリっ子たちも昨季までのエースの名の入ったユニフォームを便器に叩きこんだり、街角の卑猥な落書きで罵ったりすることで怒りをぶつけた。

 “イグアイン・ショック”が残した失望と爪痕は深く、イタリア北東の山間で行われたプレシーズンキャンプの間、サッリは沈黙を続けた。ヘビースモーカーの指揮官が人前で口を開いたのは、煙草を咥えるときだけだった。

歴史的ストライカーの穴は簡単には埋まらない。

 クラブは、すぐさまエースの後釜探しに着手した。リストに挙がったのは、FWイカルディ(インテル)とFWカリニッチ(フィオレンティーナ)だ。

 イカルディの代理人である姉さん女房ワンダ・ナラとの交渉を経て、一昨季の得点王へのオファー額は7000万ユーロにまで引き上げられたが、チャイナ・マネーの後ろ盾を得たインテルは、エース兼主将であるイカルディの放出に応じず。カリニッチにしても、欧州カップ戦出場権を争う直接ライバルのフィオレンティーナが、お値打ち価格で放出を容認する望みは薄い。

 リーグのシーズン最多得点記録を66年ぶりに塗り替えた歴史的ストライカーの抜けた穴が、おいそれと埋まるはずがないのだ。

【次ページ】 イグアインを売った9000万ユーロの使い道。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ナポリ
ゴンサロ・イグアイン
マウリツィオ・サッリ

ページトップ