リオ五輪PRESSBACK NUMBER

スラム、強盗、渋滞、不衛生……。
五輪開幕直前、溢れるリオの不道徳。

posted2016/08/05 16:00

 
スラム、強盗、渋滞、不衛生……。五輪開幕直前、溢れるリオの不道徳。<Number Web> photograph by JMPA

選手村の外側を警備する兵士たち。治安部隊そのものが殺人などの犯罪を犯しているというニュースも報道されているが……。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

JMPA

 静かだな。

 滞在して2日間、わずかな時間に過ぎないが、ふとそう感じた。

 道路は、事前に聞いていたように渋滞の嵐だ。人の姿が少ないわけでもない。それでも静かだと思ったのは、オリンピック開幕直前の街としては、その雰囲気が薄いことにあった。

 リオデジャネイロ五輪組織委員会は、8月に入り、チケットの売り上げ枚数は全体の約79%であると公表した。北京やロンドンが95%前後であったことからすれば、伸び悩んでいる。観光客も見込みほど訪れないのではないかと予測されている。

 開幕前から高揚感のあった北京や、バンクーバー冬季五輪とは異なる。

 北京は言うまでもなく、ロンドンでも開幕までは落ち着いていたが、始まれば街にも活気があふれた。リオも変貌するのだろうか――。

開幕前なのに、あまりにも問題が多すぎる!!

 大会を前に、あまりにも問題が頻発したことの影響は否めない。

 ロシアのドーピング問題が大会の盛り上がりを妨げることになったのもあるが、リオからも、公職者による空港などでのデモ、選手さえ被害者となった強盗や窃盗事件などが報道されてきた。7月末には日本人を被害者とする強盗、窃盗事件が2つあった。

 大会開催そのものへの大規模な抗議デモもあった。リオに限らず、最近の大会では何かしらの問題が起こるが、従来の問題に輪をかけて起きている印象をぬぐえない。

 2016年の開催都市選考の際、一次選考を通過した4都市では最も評価が低かったこと、治安への懸念がその時点から指摘されていたことを思い出す。

 選手村でのトラブルも多い。

 オーストラリアの選手団が設備の問題で一度退去したし、ぼや騒ぎで避難した際は、パソコンをはじめさまざまな品が盗まれた。

 8月3日には、デンマーク選手団団長が同国のメディアに対し、数々の窃盗事件が起きていることを明らかにしている。

【次ページ】 北京より、ソチより、警官や兵士の姿が少ない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ